半保護されたページ

佐藤優 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

佐藤 優
中日ドラゴンズ #25
Satoh25.jpg
2018年5月10日 由宇練習場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県古川市(現:大崎市
生年月日 (1993-06-29) 1993年6月29日(28歳)
身長
体重
187 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト2位
初出場 2016年5月10日
年俸 1,430万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 優(さとう ゆう、1993年6月29日 - )は、宮城県古川市(現:大崎市)出身のプロ野球選手投手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴

小学校から軟式野球を始める。

古川学園高等学校では1年からベンチ入りする。2年になると最高球速138km/hを記録し、その後の3年生になると140km/h後半まで急速を伸ばす。東北大会ベスト8が最高成績で甲子園出場はなかった。引退後、東日本国際大のセレクションにおいて、最高球速151km/hを記録した。

東北福祉大学に進学し、中根佑二の付けたエースナンバー18を1年生から付ける。1年春からリーグ戦に出場し、4年次の仙台六大学野球の東北工業大学戦では13奪三振を記録した[2]。通算11勝2敗、防御率1.29。

2015年10月22日に行われたドラフト会議中日ドラゴンズから2位指名を受け、12月1日に契約金7,000万円、年俸1,000万円で契約した[3]。背番号は14

プロ入り後

2016年、5月10日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)にてプロ初登板・初先発を果たし、5回1失点の好投でプロ初勝利を挙げた。中日の新人投手がプロ初登板で勝利を挙げたのは、川上憲伸以来18年ぶりである[4]。後半戦は中継ぎに定着した。1年目は14試合に登板し、1勝。防御率3.67だった。

2017年は、2勝・2ホールド・防御率5.40だった。

2018年は4月の初登板で3失点と炎上し抹消されるも、6月に再昇格すると11試合連続無失点を記録した。シーズン終盤にはクローザーに配置転換され、8月24日にプロ入り初セーブを記録した[5]。42試合に登板し、1勝2敗5セーブ10ホールド、防御率は2.08と崩壊状態であったブルペン陣を支え、最終盤までクライマックスシリーズ争いを繰り広げたチームに貢献した。また、シーズンオフには東京ヤクルトスワローズ石山泰稚が右膝炎症により出場を辞退したため、2018日米野球の野球日本代表に追加招集された。プロアマ通じて初の代表招集だった。

2019年は開幕一軍を勝ち取るも自己最少の7試合の登板に留まる[6]。二軍では24試合に登板し39回を投げ、2勝1敗1セーブ、防御率3.00というまずまずの成績だった[7]。オフの10月21日に神奈川県横浜市内の病院で右肘関節形成術の手術を受けた[8]

選手としての特徴

直球の最速は152km/h[9]佐々木主浩から教えてもらったフォークも投げる[10]

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2016 中日 14 4 0 0 0 1 0 0 1 1.000 123 27.0 21 1 21 0 1 18 2 1 12 11 3.67 1.56
2017 13 0 0 0 0 2 0 0 2 1.000 62 13.1 18 0 5 0 1 8 0 0 8 8 5.40 1.73
2018 42 0 0 0 0 1 2 5 10 .333 184 43.1 27 2 23 0 3 51 2 0 15 10 2.08 1.15
2019 7 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 45 9.2 9 0 7 0 0 6 2 0 7 7 6.52 1.66
2020 14 0 0 0 0 0 0 0 4 ---- 77 16.2 18 2 6 0 2 12 1 0 18 17 9.18 1.44
通算:5年 90 5 0 0 0 5 2 5 17 .714 491 110.0 93 5 62 0 7 95 7 1 60 53 4.34 1.41
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績



投手












2016 中日 14 1 8 0 1 1.000
2017 13 1 0 0 0 1.000
2018 42 2 2 0 0 1.000
2019 7 0 2 0 0 1.000
2020 14 0 4 0 1 1.000
通算 90 4 16 0 2 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録

投手記録
打者記録

背番号

  • 14(2016年 - 2017年)
  • 25(2018年 - )

代表歴

脚注

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月12日閲覧。
  2. ^ プロ注目の東北福祉大・佐藤13Kで白星発進”. 日刊スポーツ (2015年4月13日). 2021年8月10日閲覧。
  3. ^ 中日ドラ2、東北福祉大・佐藤優の入団決定”. スポニチアネックス (2015年12月1日). 2021年8月10日閲覧。
  4. ^ 「優しすぎる男」中日佐藤が初登板初先発プロ初勝利”. 日刊スポーツ (2016年5月11日). 2021年8月10日閲覧。
  5. ^ 佐藤、初S 新守護神誕生”. ドラニュース:中日スポーツ (2018年8月25日). 2018年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月22日閲覧。
  6. ^ “中日・佐藤優が300万円減の推定1700万円でサイン 今季は自己最少の7試合登板に「キャンプからアピールできずそのまま…」”. 中日スポーツ. (2019年11月9日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201911/CK2019110902100038.html 2019年12月16日閲覧。 
  7. ^ 2019年度 中日ドラゴンズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2019年12月16日閲覧。
  8. ^ “右肘手術の中日・堂上「春のキャンプは大丈夫」 伊藤準も「元気な状態でキャンプに」”. 中日スポーツ. (2019年10月23日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201910/CK2019102302100030.html 2019年12月16日閲覧。 
  9. ^ 佐藤優(中日ドラゴンズ)”. 週刊ベースボールONLINE. 2021年8月10日閲覧。
  10. ^ 【中日】ドラ2東北福祉大・佐藤優“竜の大魔神”になる「目標は新人王」”. スポーツ報知 (2015年10月29日). 2015年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月10日閲覧。

関連項目