佐藤克則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 克則(さとう かつのり、1978年4月18日 - )は、日本の映画監督大学教員である。茨城県出身。

経歴[編集]

茨城県立牛久栄進高校、日活芸術学院城西国際大学大学院ビジネスデザイン研究科卒。1998年に日活芸術学院に入学。映像編集を学ぶ。学院在学中より映像制作を開始。在学時に制作した『トオキーモノクロウム』が神奈川県映像コンクール入選。

2005年 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2005『しゃぼんだまとんだ』奨励賞受賞[1]

2007年 ndjc:若手映画作家育成プロジェクトに参加『trash words』監督

2011年 城西国際大学メディア学部助教に就任[2]

2018年 初長編監督作品『ライズ-ダルライザーTHE MOVIE』劇場公開[3]

タイ国際映画祭「ベストプロダクションデザイン賞」[4]

インドネシアCINEMA GRAND PRIX2019 top winner[5]

監督作品[編集]

長編映画[編集]

  • ライズ-ダルライザーTHE MOVIE (2018年)
  • ライズ-ダルライザー New Edition (2019年)

ODS映像作品[編集]

  • FLOGS(2008年 -Sony Livespire 全国劇場公開作品[6])
  • 嵐になるまで待って(2009年 -Sony Livespire 全国劇場公開作品)
  • 君の心臓の鼓動が聞こえる場所(2009年 -Sony Livespire 全国劇場公開作品)

PV[編集]

  • オレオレ詐欺 母と息子と言葉の物語(2013年)
  • オレオレ詐欺 老人探偵くに彦(2014年)
  • 乃木坂46 個人PV  佐藤楓「わたしのわたし」(2018年)
  • 乃木坂46 個人PV  大園桃子「あねおとうと」(2018年)

CM[編集]

短編[編集]

  • trash words(2007年 -ndjc 若手映画作家育成プロジェクト作品[7]
  • ジャパニーズセラピー(2007年 -DVD スイッチ!: 短編jpルーキーズ収録作品)
  • 8月32日(2009年 -日活芸術学院 映像演技 実習作品)
  • リキッドさん(2009年 -日活芸術学院 映像演技 実習作品)
  • ルサンチガン(2010年 -日活芸術学院 映像演技 実習作品)
  • 夏の光(2010年 -日活芸術学院 映像演技 実習作品)
  • 赤飯にはうってつけの日(2011年 -日活芸術学院 映像演技 実習作品)
  • never dance(2011年 -日活芸術学院 映像演技 実習作品)

自主映画[編集]

  • トオキーモノクロウム(1998年 -神奈川県映像コンクール入選)
  • 田中の物語(2002年 -週刊モーニング MANGA OPEN入選)
  • ナナ(2003年 -TAMA NEW WAVE入選)
  • しゃぼんだまとんだ(2004年 -SKIP国際Dシネマ映画祭・奨励賞受賞)
  • ミルコとクロコとプー(2005年 -札幌国際短編映画祭・TSSショートムービーフェスティバル佳作受賞)

脚注[編集]

  1. ^ Skipシティ国際Dシネマ映画祭2005 表彰式開催! – CINEMATOPICS” (日本語). 2019年5月23日閲覧。
  2. ^ 佐藤 克則” (日本語). 城西国際大学. 2019年5月24日閲覧。
  3. ^ ライズ” (日本語). ダルライザー公式サイト (2017年4月12日). 2019年5月24日閲覧。
  4. ^ 「ダルライザー」特別賞、タイの国際映画祭 白河市長に報告” (日本語). 福島民友新聞社. 2019年5月24日閲覧。
  5. ^ 国際映画祭グランプリ 白河のヒーロー「ダルライザー」新作映画” (日本語). 福島民友新聞社. 2019年5月24日閲覧。
  6. ^ 演劇集団キャラメルボックス×ソニーLivespire”. www.caramelbox.com. 2019年5月24日閲覧。
  7. ^ 佐藤 克則 | trash words | ndjcアーカイブス | 文化庁委託事業『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト』”. www.vipo-ndjc.jp. 2019年5月24日閲覧。