佐藤公俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 公俊(さとう きみとし、1973年2月22日[要出典] - )は一般財団法人日本気象協会に所属する気象予報士

略歴[編集]

東京都立川市出身。東京都立立川高等学校明治大学農学部農学科卒業。大学在学中の1994年8月に実施された第1回気象予報士試験で気象予報士の資格を取得[1]。1996年、財団法人日本気象協会に入社。NTTの177天気予報電話サービス、NHK民放のラジオ番組を経て、2000年から2001年にかけて、日本テレビNNN24(現・日テレNEWS24)の気象コーナーに出演。2002年よりNHK甲府放送局のローカルニュース枠で「山梨気象歳時記」を担当し、2003年4月からはNHKの全国枠にも出演し[1]、2010年4月から、祝日を除く平日の正午前の気象情報を担当している。

高校時代は高校球児で知られ、OBとして「マスターズ甲子園2012」に出場している。

特技は手話パントマイム[2][1]

出演(担当)番組[編集]

  • 気象情報(全国・関東ローカル)(11:54~12:00)(祝日を除く平日)(NHK総合、2010年4月-)

過去の出演(担当)番組[編集]

※2010年度以降、南利幸が移動スケジュールの関係で出演しない平日と重なる祝日 (主に火曜〜木曜の土日を挿まない祝日)と檜山靖洋が不在時に担当する場合がある。

著書[編集]

  • パーフェクト図解 天気と気象 異常気象のすべてがわかる!(木本昌秀、学研パブリッシング 2013年8月13日)ISBN 978-4-05-405746-3

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 佐藤公俊『パーフェクト図解 天気と気象 異常気象のすべてがわかる!』木本昌秀、学研パブリッシング、2013年8月13日、176頁。ISBN 978-4-05-405746-3。
  2. ^ 読売新聞(2004年7月24日東京夕刊)

関連項目[編集]