佐藤哲 (洋画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
佐藤 哲
生誕 佐藤 哲也[1]
1944年1月27日(72歳)[1]
日本の旗 日本大分県大分市[2][3]
国籍 日本の旗 日本
出身校 大分大学学芸学部美術科[3]
著名な実績 洋画
受賞

「紫陽花の頃」(1982年)日展特選[1]
「ひととき」(2009年)日展文部科学大臣賞[1]

「夏の終りに」(2013年)日本芸術院賞[1]
公式サイト satotetu.ocnk.net
選出

東光会代表理事(2011年)[1][2][3]
日展理事(2013年)[2][3]
日本芸術院会員(2015年)[3]

日展副理事長(2016年)[3]
活動期間 昭和後期 - 平成時代[1]
この人に影響を
与えた芸術家
江藤哲[2]

佐藤 哲(さとう てつ、1944年昭和19年)1月27日[1] - )は、大分県大分市出身[2][3]日本洋画家[1]。本名佐藤哲也[1]

来歴[編集]

略歴[編集]

1944年昭和19年)1月27日大分県大分市に生まれる[1][2][3]

1966年(昭和41年)、大分大学学芸学部美術科卒業[3]。翌1967年(昭和42年)、江藤哲に師事[2]

受賞歴[編集]

1975年(昭和50年)日展初入選[注釈 1]、同年東光展会友賞[1]。1982年(昭和57年)「紫陽花の頃」が第14回日展特選を受賞[1][2][3]、東光展会員賞[2]。1991年(平成3年)ジャパンフェスティバル・イン・ベルリン展金賞[2][3]

2009年(平成21年)「ひととき」が第41回日展文部科学大臣賞受賞[1][2][3]。2013年(平成25年)、「夏の終りに」が日本芸術院賞受賞[1][3]

会員組織[編集]

1997年(平成9年)以降、日展審査員を4回務める[2][3]。2002年(平成14年)日展評議員就任[1][2]。2011年(平成23年)より東光会代表理事[1][2][4][3]。2013年(平成25年)より日展理事[2][3]。2015年(平成27年)12月16日より日本芸術院会員[5]。2016年(平成28年)、日展副理事長就任[3]

著作[編集]

  • 佐藤哲 『佐藤哲作品集』 一枚の繪、2003年11月。ISBN 978-4870731066。
  • 佐藤哲 『構図の基本を見なおしてもっと自由に絵を描こう』 一枚の繪、2004年11月。ISBN 978-4870731103。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 以後毎年入選[2]
脚注
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “佐藤哲 さとう-てつ”. コトバンク. 2016年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 一枚の繪.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 略歴.
  4. ^ 役員名簿”. 東光会. 2016年10月7日閲覧。
  5. ^ 日本芸術院 正式会員就任”. 佐藤哲. 2016年10月7日閲覧。

参考文献[編集]