佐藤多佳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
佐藤 多佳子
(さとう たかこ)
誕生 (1962-11-16) 1962年11月16日(58歳)
日本の旗 日本東京都
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 青山学院大学文学部史学科
活動期間 1989年 -
代表作一瞬の風になれ』(2006年)
明るい夜に出かけて』(2016年)
主な受賞歴 月刊MOE童話大賞(1989年)
産経児童出版文化賞(1994年)
吉川英治文学新人賞(2007年)
本屋大賞(2007年)
小学館児童出版文化賞(2011年)
山本周五郎賞(2017年)
デビュー作 「サマータイム」(1989年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

佐藤 多佳子(さとう たかこ、1962年11月16日 - )は日本小説家児童文学童話から一般小説まで幅広く手がけている。

来歴・人物[編集]

東京都出身。青山学院中等部・高等部[1][2]青山学院大学文学部史学科卒業[3]。大学時代は児童文学サークルに所属[3](顧問は神宮輝夫)。既婚[3]

1989年、「サマータイム」で第10回月刊MOE童話大賞を受賞し小説家デビュー。1998年、『しゃべれども しゃべれども』で第19回吉川英治文学新人賞候補、第11回山本周五郎賞候補。『ハンサム・ガール』にて第41回産経児童出版文化賞・ニッポン放送賞受賞。1999年、『イグアナくんのおじゃまな毎日』で第38回日本児童文学者協会賞、第21回路傍の石文学賞、第45回産経児童出版文化賞受賞。2003年、『黄色い目の魚』 で第16回山本周五郎賞候補。2007年、『一瞬の風になれ』で第136回直木三十五賞候補、第28回吉川英治文学新人賞受賞、第4回本屋大賞受賞。2011年、『聖夜』で第60回小学館児童出版文化賞受賞。2017年、『明るい夜に出かけて』で第30回山本周五郎賞受賞[4]

40年来の横浜DeNAベイスターズファンで横浜スタジアムにも足を運ぶ[5]

著書[編集]

  • サマータイム 四季のピアニストたち(上)(1990年7月、MOE出版、ISBN 9784895941310 / 1993年5月、偕成社コレクション、ISBN 9784037440305)
    • サマータイム
    • 五月の道しるべ
  • 九月の雨 四季のピアニストたち(下)(1990年10月、MOE出版、ISBN 9784895941327 / 1993年5月、偕成社、ISBN 9784037440404)
    • 九月の雨
    • ホワイト・ピアノ
  • サマータイム(2003年9月1日、新潮文庫、ISBN 9784101237329)
    • 『四季のピアニストたち』上下巻を会わせて文庫化
  • おかわりいらない?(1991年3月20日、講談社、ISBN 9784061978195)
  • レモンねんど(1991年6月20日、国土社、ISBN 9784337030060)
  • ごきげんな裏階段(1992年4月、理論社、ISBN 9784652072141)
    • タマネギねこ
    • ラッキー・メロディー
    • モクーのひっこし
  • ハンサム・ガール(1993年2月、理論社、ISBN 9784652004807 / 1998年7月、フォア文庫、ISBN 9784652074329)
  • スローモーション(1993年4月、偕成社、ISBN 9784037440503 / 2006年6月9日、ピュアフル文庫、ISBN 9784861763021)
  • 黄色い目の魚(1993年3月、全国学校図書館協議会、ISBN 9784793381133)
    • 集団読書テキストとして出版、短編「黄色い目の魚」のみ収録
  • しゃべれどもしゃべれども(1997年8月30日、新潮社、ISBN 9784104190010 / 2000年6月1日、新潮文庫、ISBN 9784101237312)
  • イグアナくんのおじゃまな毎日(1997年10月、偕成社、ISBN 9784036101108 / 2000年11月25日、中公文庫、ISBN 9784122037472)
  • 神様がくれた指(2000年9月20日、新潮社、ISBN 9784104190027 / 2004年9月1日、新潮文庫、ISBN 9784101237336)
  • 黄色い目の魚(2002年10月30日、新潮社、ISBN 9784104190034 / 2005年11月1日、新潮文庫、ISBN 9784101237343)
    • りんごの顔(『小説新潮』2000年12月号)
    • 黄色い目の魚
    • からっぽのバスタブ(『小説新潮』2001年4月号)
    • サブ・キーパー(『小説新潮』2001年6月号)
    • 彼のモチーフ(『小説新潮』2002年1月号)
    • ファザー・コンプレックス(『小説新潮』2002年3月号)
    • オセロ・ゲーム(『小説新潮』2002年6月号)
    • 七里ヶ浜
  • 一瞬の風になれ 第1部 イチニツイテ(2006年8月25日、講談社、ISBN 9784062135627 / 2009年7月15日、講談社文庫、ISBN 9784062764063)
  • 一瞬の風になれ 第2部 ヨウイ(2006年9月21日、講談社、ISBN 9784062136051 / 2009年7月15日、講談社文庫、ISBN 9784062764070)
  • 一瞬の風になれ 第3部 ドン(2006年10月24日、講談社、ISBN 9784062136815 / 2009年7月15日、講談社文庫、ISBN 9784062764087)
  • 一瞬の風になれ 3冊セット(2007年4月、講談社、ISBN 9784069370847)
  • 夏から夏へ (2008年7月、集英社、ISBN 9784087813906 / 2010年6月25日、集英社文庫、ISBN 9784087465778)
  • 第二音楽室―School and Music (2010年11月、文藝春秋、ISBN 9784163294902 / 2013年5月10日、文春文庫、ISBN 9784167857011)
  • 聖夜 ― School and Music (2010年12月、文藝春秋、ISBN 9784163297903 / 2013年12月4日、文春文庫、ISBN 9784167857028)
  • 明るい夜に出かけて(2016年9月、新潮社)
  • いつの空にも星が出ていた(2020年10月、講談社)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 青山学院高等部同窓会HP/同窓生の出版物”. www.ne.jp. 2020年8月30日閲覧。
  2. ^ 日経BP. “作家・佐藤多佳子「運命の1冊に出合った中1の夏」” (日本語). 日経DUAL. 2020年11月16日閲覧。
  3. ^ a b c 日経BP. “作家・佐藤多佳子「執筆活動も、子どもが最優先」” (日本語). 日経DUAL. 2020年11月16日閲覧。
  4. ^ 【写真・図版】山本周五郎賞を受賞した佐藤多佳子さん=16日午後7時5分、東京都港区、遠藤啓生撮影” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月16日閲覧。
  5. ^ スタジアムは非日常、新たなエネルギーを | カナロコ by 神奈川新聞” (日本語). カナロコ. 2020年11月16日閲覧。