佐藤宏介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤 宏介
(さとう こうすけ)
国籍 日本の旗 日本
業績
専門分野 システム工学
勤務先 大阪大学
成果 三次元画像計測に関する研究

佐藤 宏介(さとう こうすけ)は日本工学者システム工学)。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻システム科学領域教授[1]

人物[編集]

小学校時代に無線工学の独学からアマチュア無線技士の資格を取得し、JH4CMYのコールサインで開局した。修道中学・高校では物理班(JA4YNO)に所属し、中1でブラウン管オシロスコープを自作する等、電子工学計算機工学を自学し、班長を務めた。大阪大学基礎工学部では制御工学科に於いてサイバネティクスを学び、パターン計測や映像情報メディアを専門とする。イースター島モアイ像エジプト階段ピラミッド出雲大社境内遺跡等を三次元計測する等、情報考古学にも携わる。代々の広島東洋カープファン。

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • 「三次元画像計測」(昭晃堂、1990)PDF公開

脚注[編集]

  1. ^ 研究者総覧”. 大阪大学. 2015年4月1日閲覧。

関連項目[編集]