佐藤暢 (栃木県知事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤暢

佐藤 暢(さとう ちょう / しん、1851年1月〈嘉永3年12月[1][2]〉 - 1910年明治43年〉9月7日[1][2])は、日本の内務官僚実業家。官選栃木県知事

経歴[編集]

薩摩藩士・佐藤信行の二男として生まれる。1868年に上京し東京府取締組組頭となる[1]。のち権大警部に就任[1]明治六年政変により退官し鹿児島県に帰郷したが、再び上京した。1874年台湾出兵に従軍し[2]西南戦争では警視庁三等少警部として出征。さらに陸軍歩兵少尉兼権少警部に任官し、歩兵中尉兼少警部に昇進した。

その後、富山県射水郡長、函館県収税長、大阪府収税長[1][2]、大阪府書記官[1]群馬県書記官[2]内閣書記官[1][2]などを歴任。1894年1月、栃木県知事に就任した[1][2]1897年4月、同県知事を非職となり[2]、翌月に退官した。その後、博多湾鉄道社長[1][2]川崎造船取締役[1]などを歴任した。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 日本人名大辞典
  2. ^ a b c d e f g h i 政治家人名事典
  3. ^ 「叙任及辞令」『官報』第3451号、1894年12月27日。

参考文献[編集]

  • 『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会編、歴代知事編纂会、1991年。