佐藤朔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 朔(さとう さく、1905年(明治38年)11月1日 - 1996年(平成8年)3月25日)は、日本フランス文学者慶應義塾長日本芸術院会員。位階勲等従三位勲一等

経歴[編集]

東京府出身。日露戦争勝利の年に生まれたので勝熊と名づけられ、還暦を前に正式に「朔」に改名した[1]

旧制開成中学校卒業[2]1930年慶應義塾大学文学部卒業後、ただちに文学部の助手となり、1933年予科教員、1949年文学部教授となる。1956年から半年、慶應義塾大学海外派遣留学生として渡仏、欧米を回った。1960年「ボードレール芸術論の形成」(佐藤勝熊)で文学博士

1969年5月より4年間慶應義塾長を務め、1978年、私学振興財団理事長に就任。1976年、日本におけるフランス語教育への功績によってフランス政府から教育功労章を受け、1977年、従三位に叙せられ、勲一等瑞宝章を授与される。1980年、新年の宮中歌会始召人。1991年、日本芸術院賞恩賜賞を受賞、同年芸術院会員。

フランス文学者としては、ボードレール研究とコクトーサルトルカミュ等の20世紀文学の紹介で有名である。また、慶應の仏文科の基礎を固めたことも業績として挙げられる。芥川比呂志加藤道夫遠藤周作などに影響を与えたほか、松原秀一鷲見洋一立仙順朗らを育てた。また、戦前に『悪の華』をはじめて全訳した。

また、晩年になってから詩集『青銅の首』を上梓した。

著書[編集]

  • 世界文豪讀本全集 ボオドレエル第一書房 1938
  • フランス文學素描 青光社 1940
  • 戰後のフランス文學 世界社 1948
  • ボオドレール 新潮社 1948
  • ボォドレエル覚書 講談社 1949
  • 二十世紀のフランス文學 北隆館 1950
  • 知性の文学 現代フランスの文学 河出新書 1956
  • セーヌ河畔みぎひだり 章文社 1958
  • 明日の慶應義塾を考える 慶應義塾大学 1969
  • 近代詩人論 理想社 1971
  • 現代フランス文学の展望 カルチャー出版社 1976
  • 楕円形の肖像 人文書院 1977
  • 超自然と詩 フランス文学と日本文学 思潮社 1981
  • わが回想 私家版 1982
  • 反レクイエム 随想集 小沢書店 1983
  • モダニズム今昔 小沢書店 1987
  • 青銅の首 思潮社 1987

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 佐藤朔教授還暦記念論文集 慶應義塾大学芸文学会 1967

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 出典:「私の履歴書:文化人20」(日本経済新聞社)
  2. ^ 佐藤朔略年譜