佐藤玖光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤 玖光
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市西区
生年月日 (1945-05-02) 1945年5月2日(72歳)
身長
体重
176 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1970年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

佐藤 玖光(さとう くにみつ、1945年5月2日 - )は、福岡県福岡市西区出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

九州工業高では、1963年春季九州大会県予選北部決勝に進むが、嘉穂高に延長15回敗退。同年夏は県予選準々決勝で橋本孝志のいた博多工業高に惜敗、甲子園には届かなかった。

高校卒業後は、社会人野球丸井・林建設を経て、1969年ドラフト外西鉄ライオンズに入団。

1971年には25試合に登板、6月からは3試合に先発としても起用される。スリークォーターが基本だが、スライダー、カーブ、シンカーを武器に、横手、下手からの変則投法が特徴だった。

1973年には登板機会がなく、同年オフに太平洋を自由契約となる。その後テストを受け1974年に広島に移籍。1975年より打撃投手に転向となる。以後チームを裏から支え続け、1995年にセ・リーグから特別表彰を受けた。表彰から3年後の1998年10月退団。

水島新司の漫画『あぶさん』に、佐藤の登場するエピソードがある。前述の特別表彰を受けた佐藤が、広島の投手時代にオープン戦で景浦安武と対戦し、本塁打を浴びたことを回想するという内容で、「俺の引退より景浦の引退の方が早い」と対抗意識を燃やすシーンがある。

退団後[編集]

1999年4月から広島市中区薬研堀にて宮崎地鶏専門店「とりきん佐藤」を開業。その中で一番人気のメニューは「カレー鍋」で、カレーの出汁についてはこれまで何度か取材(『HOME Jステーション2007年3月14日放送分など)で質問されたが頑なに企業秘密で、「従業員にも教えていない」と佐藤は答えている。

2009年11月21日放送分の『あっぱれ!熟年ファイターズ』では2つ後輩の渡辺弘基とのよしみで「焼き鳥屋だけど鶏は入れない」「牛乳は入れない」「出汁を作った後にS&Bカレー粉を入れる」という点だけをカレー鍋の極意として明かしていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 西鉄 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 10 2.0 3 2 1 0 0 1 0 0 4 4 18.00 2.00
1971 25 3 0 0 0 0 3 -- -- .000 115 28.2 29 5 5 1 0 15 1 0 12 10 3.10 1.19
1972 11 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 37 8.1 10 1 3 0 1 3 0 0 7 7 7.88 1.56
1974 広島 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 2.2 3 2 3 0 1 0 0 0 2 2 6.00 2.25
通算:4年 46 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 177 41.2 45 10 12 1 2 19 1 0 25 23 4.93 1.37

背番号[編集]

  • 66(1970年 - 1973年)
  • 39(1974年)
  • 52(1975年 - 1977年)
  • 65(1978年 - 1987年)
  • 91(1988年 - 1998年)

関連項目[編集]