佐藤英夫 (外交官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 英夫(さとう ひでお)は、日本外交官アフガニスタン駐箚特命全権大使バーレーン駐箚特命全権大使を経て、2011年平成23年)9月1日から2014年(平成26年)7月4日までイスラエル駐箚特命全権大使。2014年(平成26年)8月29日から文化交流担当特命全権大使。

経歴・人物[編集]

東京都出身。1972年昭和47年)上智大学外国語学部を卒業後、牧師を志して神学校に進学。神学校の課程を中途にしてギリシャに移り、1977年昭和52年)からはイスラエルに移る。テルアビブ大学ヘブライ語を学んで卒業。

留学費用を稼ぐために在イスラエル日本国大使館に勤務したのち、1982年昭和57年)5月外務事務官に採用され外務省に入省する。1991年からワシントンD.C.在勤。1998年キャリア外交官に登用される。外務省文化交流部国際文化協力室長、在イスラエル日本国大使館参事官を経て、2005年(平成17年)8月、外務省中東アフリカ局中東第一課長2008年(平成20年)1月、アフガニスタン駐箚特命全権大使2009年(平成21年)7月 バーレーン駐箚特命全権大使。2011年平成23年)9月1日からイスラエル駐箚特命全権大使。2014年(平成26年)8月29日から特命全権大使(文化交流担当)[1][2]

2014年(平成26年)3月7日付のイスラエル紙ハーレツに寄稿し、安倍晋三首相の靖国神社参拝後、中国が同紙などで展開した対日批判に、「曲解された事実と歴史によって読者に誤解を与える」と反論した[3][4][5]。2015年外務省参与

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) スペイン大使に佐藤氏を起用 佐藤 英夫氏(さとう・ひでお=イスラエル大使) ”. 日本経済新聞 Nikkei.Com (2011年8月26日). 2014年6月8日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ (日本語) 時事ドットコム:駐イスラエル大使、中国の対日批判に反論=靖国参拝でなく軍備増強が脅威 ”. 時事ドットコム (2014年3月7日). 2014年6月8日閲覧。
  4. ^ [2]
  5. ^ [3]
先代:
西林万寿夫
文化交流担当大使
2014年 - 2015年
次代: