佐野徹夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐野 徹夜(さの てつや、1987年1月23日 - )は日本の小説家京都府出身[1]

経歴[編集]

同志社大学文学部卒業。2016年10月、投稿作『君は月夜に光り輝く』が第23回電撃小説大賞で大賞に選出され、改稿した同作でメディアワークス文庫からデビューした。

『君は月夜に光り輝く』は装丁を担当したloundrawの人気もあり2018年12月時点で累計発行部数30万部を突破[2]月川翔監督、永野芽郁北村匠海主演で2019年3月15日に同名タイトルの実写版映画の公開が決定している[2]。また、月刊誌『ダ・ヴィンチ』では、漫画版が連載され、佐野の大学時代の同級生のマツセダイチが作画を担当している。漫画化が決定した際はお互いに喜びを語り合ったという[要出典]

受賞・候補歴[編集]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫、2017年2月25日)
  • 『この世界にiをこめて』(メディアワークス文庫、2017年10月25日)
  • 『アオハル・ポイント』(メディアワークス文庫、2018年10月25日)
  • 『君は月夜に光り輝く +Fragments』(メディアワークス文庫、2019年2月23日)

雑誌掲載作品[編集]

小説作品
  • 「君は月夜に光り輝く 俺の初恋の亡霊」(『電撃文庫MAGAZINE』2017年5月号 掲載)
  • 「もし、キミと」(『電撃文庫MAGAZINE』2017年9月号 掲載)
  • 「この世界にiをこめて 試し読み特別版」(『電撃文庫MAGAZINE』2017年11月号 掲載)
  • 「君の背中をいつも見てた」(『電撃文庫MAGAZINE』2018年1月号 掲載)
  • 「君は月夜に光り輝く 「渡良瀬まみずの黒歴史ノート」」(『電撃文庫MAGAZINE』2018年3月号 掲載)
  • 「この世界にiをこめて 「地獄荘の住人たち」」(『電撃文庫MAGAZINE』2018年3月号 掲載)
  • 「透明になれなかった僕たちのために」」(『文藝』2019年2月号 掲載)
エッセイ等
  • 「小説がなかったら死んでいた」(『公募ガイド』2017年3月号 掲載)
  • 「僕と誰かの高校生活 弓月さんに読まれたい」(『電撃文庫MAGAZINE』2017年7月号 掲載)
  • 「僕と誰かの高校生活 自分より頭のいい奴」(『電撃文庫MAGAZINE』2017年9月号 掲載)
  • 「クローズアップインタビュー 佐野徹夜」(『電撃文庫MAGAZINE』2017年11月号 掲載)
  • 「僕と誰かの高校生活 彼女が妖精だった頃、僕はいつも道化師だった」(『電撃文庫MAGAZINE』2017年11月号 掲載)
  • 「僕と誰かの高校生活 咳をしても一人」(『電撃文庫MAGAZINE』2018年1月号 掲載)
  • 「僕と誰かの高校生活 Don't trust over 30」(『電撃文庫MAGAZINE』2018年3月号 掲載)
  • 「僕と誰かの高校生活 未来にさよなら」(『電撃文庫MAGAZINE』2018年5月号 掲載)

脚注[編集]

  1. ^ 『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫、2017年)著者近影より。
  2. ^ a b “『君は月夜に光り輝く』永野芽郁×北村匠海で映画化、余命ゼロの少女と彼女の願いを“代行”する少年の純愛”. ファッションプレス. (2018年12月6日). https://www.fashion-press.net/news/45289 2018年12月12日閲覧。