佐野新都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐野新都市(さのしんとし)とは、栃木県佐野市南東部にあるUR都市機構が事業主体の計画都市である。商業・住宅用地であるサザンクロス佐野(高萩・越名地区)、産業用地である佐野みかも台産業団地(町谷地区)、佐野インター産業団地(西浦・黒袴地区)から成る。

アクセス[編集]

  • 東北自動車道佐野藤岡IC や国道50号と隣接する地域にあり、高速道路を利用すれば浦和ICまで約30分で移動可能である。

2011年3月北関東自動車道が全線開通し、東西のアクセスも改善された。

事業詳細[編集]

  • 面積:約1500,000m2 (約150ha)
  • 概算事業費:約450億円
  • 事業期間:平成5年度からおおむね13ヶ年

主な施設[編集]

商業[編集]

学校[編集]

バスターミナル[編集]

沿革[編集]

  • 1994年(平成5年)7月 - 栃木県及び佐野市から旧地域公団へ事業要請
  • 1995年(平成6年)3月 - 事業実施基本計画の認可
  • 1995年(平成6年)4月 - 佐野都市開発事務所設置
  • 1997年(平成8年)12月 - 佐野新都市土地区画整理事業の認可
  • 1998年(平成9年)11月 - 起工式(高萩・越名地区、町谷地区工事着手)
  • 2001年(平成13年)8月 - 町谷地区分譲開始 西浦・黒袴地区工事着手
  • 2002年(平成14年)4月 - 高萩・越名地区産業用地分譲開始
  • 2003年(平成15年)3月 - 佐野プレミアム・アウトレット開業
  • 2003年(平成15年)3月 - イオン佐野新都市ショッピングセンター(現・イオンモール佐野新都市)開業
  • 2003年(平成15年)9月 - 高萩・越名地区「街びらき」実施
  • 2005年(平成17年)8月 - フェドラP&D SANO開業
  • 2007年(平成19年)1月 - 佐野新都市バスターミナル利用開始
  • 2008年(平成20年)2月 - 事業完了

関連項目[編集]