佐野正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐野 正一(さの しょういち、1921年大正10年)1月10日 - 2014年平成26年)3月20日)は、日本の建築家大阪市生まれ。建築家安井武雄は岳父[1]

略歴[編集]

1942年昭和17年)に東京帝国大学工学部建築学科を卒業後、鉄道省(当時)に入省、海軍技術将校(建築部門)を経て1945年(昭和20年)に復員[2]運輸省国鉄などで勤務。1955年(昭和30年)安井建築設計事務所に入社。1961年(昭和36年)同社社長に就任。その他、日本建築協会名誉会長、大阪府建築士事務所協会会長、日本建築士事務所協会連合会名誉会長、日本建築家協会関西支部顧問、建築審議会委員などを歴任。

2014年3月20日午前8時30分、腎臓疾患のため兵庫県西宮市の病院で死去[3]。93歳没。

作品[編集]

受章[編集]

脚注[編集]

参考資料[編集]

著書[編集]

  • 「建築家三代 安井建築設計事務所継承と発展」日刊建設工業新聞社

外部リンク[編集]

その他[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

関連項目[編集]