佐野美和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐野 美和
さの みわ
佐野美和.png
生年月日 (1966-12-16) 1966年12月16日(52歳)
出生地 東京都八王子市
出身校 帝京女子短期大学
現職 タレント、政治キャスターエッセイスト
過去に1992年ミス日本受賞(ファイナリスト)
所属政党 無所属
公式サイト 佐野美和オフィシャルポータルサイト

当選回数 2回
在任期間 1995年5月1日 - 2001年
テンプレートを表示

佐野 美和(さの みわ、1966年12月16日 - )は、日本女性政治家タレント、政治キャスターエッセイスト防災士。株式会社チェリーブロッサムインターナショナル代表取締役、西山美術館副館長。

来歴・人物[編集]

東京都八王子市出身。東京都立片倉高等学校卒業。帝京女子短期大学在学中、フジテレビ系列で放映されていた深夜番組「オールナイトフジ」のレギュラーメンバー「オールナイターズ」として、メディアデビュー。1992年、ミス日本に選ばれる(ファイナリスト)。その後、2年間TBSラジオのパーソナリティ、TBSラジオショッピングの放送作家として活動した。

市議会時代[編集]

1995年、28歳で八王子市議会議員選挙に立候補(無所属)。古い議会の空気を変え、市議会を活性化して八王子市政を向上させることを目標として掲げていた。元ミス日本が立候補することで注目を浴びたが、定数40人中、5位で当選。元祖「美しすぎる市会議員」とされた[1]

初登庁の日、あまりにもメディアからの取材が多かったため、佐野に対して「ここはテレビ局じゃないんだ」という議員もいた。「市民に悪いことをしているわけではないのに、なぜそのようなことをいうのか、議会をもっと開かれたものにしなくては」と思ったという。なお、佐野がいた6年間、一般メディアによる議場撮影は、議会運営委員会によって禁止となっていた[要出典]

八王子市議会では、CATVの八王子テレメディアを担当する総務企画委員会、交通委員会に所属し、頻繁に遅れる「市民の通勤の足」JR中央線の遅延状況を改善する取り組みを行った。また、市の財政再建問題に取り組んだほか、ストーカー法で取り締まることのできないグレーゾーンのストーカー行為を市の条例でカバーする提案を行ったこともある[要出典]。市会議員は、2期6年間務めた。2期目は4位当選[要出典]

1996年にはホームページを開設し、90年代後半、毎日のように駅に立った「朝立ち日記」で話題を集めた。まだ、ホームページを持つ企業や個人は少なく、ブログも広まる前の時代のことであり、日本の議員の中では特に早い方である。「これからは自分のような女性議員が、どんどん輩出される」と語っていた[要出典]

2001年「市議会では自分が目標とする政策を実現できない」という思いから[要出典]東京都議会議員選挙に立候補。八王子市会議員時代から取り組んでいた「ストーカー条例の制定」や「痛勤サラリーマン支援」など、独自の公約を掲げたが、当時の小泉旋風にかき消されて、有権者に声が届かなかった。組織票を期待できない無党派ということも、不利な条件となっていた[要出典]午後11時前、落選が決定。「政党政治のはじまり。出馬表明したとき(2001年3月森喜朗内閣)と情勢が変わり、小泉旋風がこんなに吹いているとは、予想もしていなかった。今後は、一市民として政治を見ていきたい」と語った[要出典]

政治キャスター[編集]

2002年からは、議員活動の経験を生かして、新聞や雑誌への執筆やテレビ番組への出演と、広告代理店の経営を始め、数々のメディアに取り上げられ、「今だから話せる議員秘話」などで、多くの読者を得ている。また、地元に対する思いをテーマに、各地で講演活動を行っている。2006年からL0XX.TV「みわちゃんねる突撃永田町!!」で、メインキャスターをつとめている。現職の国会議員をゲストに招き、これまでにインタビューした議員は、麻生太郎鳩山由紀夫亀井静香渡辺喜美など、総勢180名以上に達した。2010年からインターネットテレビ番組(ノーネスチャンネル)「ステイツマンの流儀」でも、国会議員をインタビューするキャスターを務めていた。

2011年10月からはUsteram配信で「会いに行ける国会議員 みわちゃんねる突撃永田町!!」で政治キャスターを務める。 水曜日の18時に、毎回違う国会議員をゲストに生放送を続ける。3年で国会議員130人以上のインタビューを超え、前の番組と合わせて400人以上の国会議員にインタビューしている。

その他[編集]

刊行物には、八王子市議会議員選挙へ出馬する際の思いを語った著作「アタシ出るんです」(1999年)、DVD写真集「佐野美和 〜Sexy Butterfly〜」(2009年)がある。また、2010年にはCD「It for You〜いつの日にか好きといって〜」を発売し、歌手デビューした。このCD には「緋ぼたん桜」「セーラー服を脱いじゃってから」など、10曲が収録されている。東京秋葉原の特設ステージで、着物姿で「緋ぼたん桜」を歌ったときには、街行く人々の注目を集め、「アキバ文化に演歌。不思議な感じですが、みんなノリノリで聞いてくれて、うれしい」と語った。2014年には舞台「サー・トーマス ドッグマン フェルナンデス ダマスカスからの招待状4」に出演し、舞台女優デビューした[2]

スポーツを好み、ゴルフでは芸能人のゴルフ大会「叙々苑カップ」等にも出場することがある。2002年にはホノルルマラソンに参加し、5時間台で完走した記録を持つ。エアロビクス、ヨガ、料理が趣味。その他、防災士と金融知力インストラクターの資格を持っている。身長は160cm、血液型はA型である。

出演[編集]

テレビ[編集]

など

ラジオ[編集]

舞台[編集]

「サー・トーマス ドッグマン フェルナンデス ダマスカスからの招待状4」出演 2014年5月18日〜20日

CM[編集]

DVD[編集]

CD[編集]

  • It for You 〜いつの日にか好きといって〜(2010年、CHI-CHIレーベル)

著書[編集]

  • あきれた、ふざけた地方議員にダマされない! (牧野出版 2015/04)ISBN 978-4-89500-186-1

脚注[編集]

  1. ^ 活動報告 2018年1月アーカイブ”. 参議院議員 石上としお. 2018年8月2日閲覧。
  2. ^ http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=54904 「サー・トーマス ドッグマン フェルナンデス ダマスカスからの招待状4」
同名のブログをスポーツニッポンウェブ版に執筆していたが、同サービス閉鎖によりアメブロに委譲