何叔衡故居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
何叔衡銅像。

何叔衡故居(かしゅくこうこきょ)は、中華民国の革命家、何叔衡の生家である。湖南省長沙市の南西、長沙市の寧郷市沙田郷に位置する。敷地面積は2600m2。土木構造。部屋が全部で10間ある[1]

歴史[編集]

  • 1876年5月27日、何叔衡はこの地で産まれ、幼児期、少年期、青年期時代を過ごした。
  • 1902年、何叔衡が学を求めて家を出る。
  • 1972年、沙田郷人民政府が故居を修復した。9月1日、湖南省人民政府は故居を省級文物保護単位に認定した。湖南省の作家、廖沫沙が「何叔衡烈士故居」と直筆の扁額を贈った[2](現在は中国共産党中央委員会総書記胡耀邦が書いた「何叔衡同志故居」の金文字横額が掲げられている[3])。
  • 2006年5月30日、長沙市委副秘書長易鳳葵が故居を参詣した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ “浩气长存励后人——走进中共一大代表何叔衡故居” (中国語). 黄禹康 (紅色中華). http://redchinacn.com/portal.php?mod=view&aid=934 2011年12月26日閲覧。 
  2. ^ “中国共产党的创始人之一:何叔衡” (中国語). http://history.gmw.cn/2011-02/24/content_1645223_2.htm 2011年2月24日閲覧。 
  3. ^ 黄海潮、江宏照 (2002) (中国語). 《宁乡史地》. 海南省. pp. 48. ISBN 7-80660-538-X. 
  4. ^ “何叔衡故居” (中国語). Jiangu News. (2012年4月17日). オリジナル2016年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160303223315/http://tour.jschina.com.cn/system/2012/04/17/013159718.shtml 

座標: 北緯28度03分06秒 東経112度02分35秒 / 北緯28.05153度 東経112.042927度 / 28.05153; 112.042927