何宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
姓名 何宗
時代 後漢末~三国時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 彦英
本貫・出身地等 益州蜀郡
職官 為太守〔劉璋〕→従事祭酒〔劉備〕

大鴻臚〔蜀漢(劉備→劉禅)〕

爵位・号等 -
陣営・所属等 劉璋劉備劉禅
家族・一族 子:何双

何 宗(か そう、生没年不詳)は、 中国後漢末期から三国時代蜀漢にかけての政治家。彦英益州蜀郡郫県の人。子は何双(字は漢偶)。

事跡[編集]

広漢郡の任安に師事し、その学術を究めたという。同門に杜瓊がいたが、名声は何宗の方が勝っていたという。劉璋に仕え為太守となった。

劉備が益州を平定しそのになると、何宗は招聘されて従事祭酒に任命された。後に図讖(預言書)を引用し劉備に即位を促している。劉備が即位すると、何宗は大鴻臚に任ぜられた。劉備の死後も引き続き劉禅に仕えたが、建興年間に死去した。後世に史料が散逸したため、陳寿の『三国志』では立伝されなかった。

楊戯の『季漢輔臣賛』においては「明真」(聡明にして誠実)と評価されている。子は、機智に富むユーモアな語り口で名声があり、淳于東方朔の気風があったとされる。また双柏の長にもなったが、若くして死去したという。

小説『三国志演義』では、劉備即位の際に名前が挙がるのみである。

参考文献[編集]