何者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

何者』(なにもの)は、江戸川乱歩の著した100ページほどの中編本格推理小説。『時事新報』夕刊に1929年(昭和4年)11月27日号から12月29日号まで連載された。

明智探偵が活躍する、いわゆる明智小五郎ものの一つである。

主要登場人物[編集]

私(松村(まつむら))
主人公。本作の語り部。
甲田 伸太郎(こうだ しんたろう)
「私」の友人。事件の第一発見者。
結城 弘一(ゆうき ひろかず)
被害者。「私」の友人。探偵趣味がある。
結城 志摩子(ゆうき しまこ)
結城弘一の従妹にして許嫁。
常さん(つねさん)
結城家の下男。事件時に奇妙な行動を取る。
波多野警部(はたの)
事件を担当している敏腕警部。
赤井(あかい)
結城家に逗留している謎の客。探偵趣味がある。

あらすじ[編集]

「私」は、友人・甲田伸太郎と、2人の友人である結城弘一の鎌倉の家で学生生活最後の夏休みを満喫していた。ある日の夜、弘一が父親の書斎で狙撃され足に重傷を負った。どうやら強盗が書斎の窓から侵入して物色しているところに弘一が入り、彼が足を撃たれた直後に甲田が書斎前を通りかかって殺人には至らなかった。だがピストル強盗は、机の現金よりも価値のない金色に光るものばかり盗んでいった。弘一は持ち前の探偵趣味を生かし、入院先のベッドで「私」や波多野警部などから巧みに情報を得ながら、事件を解決へと導いていく。その推理は何処にも瑕疵のないものと思われたのだが、謎の男・赤井さんによってその推理は覆されるのだった…。

評価[編集]

江戸川乱歩によれば、「(動機に)一つの独創があり、自分ではよく出来た作と思つてゐたのに、全く反響がなかつた」という[1]

備考[編集]

作中に『明智小五郎探偵談』という書物が登場し、結城弘一が「この男はいやに理屈っぽいばかりだ」とけなす場面がある。これは架空の書物であり、当時、明智小五郎の名を冠した書籍はまだ存在していなかったが、その後、『名探偵明智小五郎』(先進社、1930年4月)が刊行され、『何者』が初収録された(他に『D坂の殺人事件』から『屋根裏の散歩者』までの5短編と、『一寸法師』を収録)[2]

真犯人が明かされる最終章の見出しは「THOU ART THE MAN」となっており、これはエドガー・アラン・ポーの短編小説『お前が犯人だ』の原題と同じである[2]

テレビドラマ[編集]

シリーズ・江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語 何者』

2016年12月26日放送、NHK BSプレミアム)

原作では赤井の正体は読者に対しても結末まで伏せられているが、このドラマ版においては、赤井の正体は視聴者には最初から明らかにされている。

キャスト:

収録作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新保博久 「人と作品 江戸川乱歩」 『明智小五郎全集』 講談社〈大衆文学館〉、1995年6月20日、446頁。ISBN 4-06-262013-8。 出典は「旧作四篇について」『陰獣』岩谷書店、1949年9月。
  2. ^ a b 新保博久 「人と作品 江戸川乱歩」 『明智小五郎全集』 講談社〈大衆文学館〉、1995年6月20日、446-447頁。ISBN 4-06-262013-8。