余市防備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
余市防備隊
創設 1971年(昭和46年)7月15日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 沿岸海域防備、艦艇支援
所在地 北海道 余市町
編成地 余市
上級単位 大湊地方隊
担当地域 津軽海峡北海道周辺
テンプレートを表示

余市防備隊(よいちぼうびたい、英称:Coastal Defense Group Yoichi)は、海上自衛隊大湊地方隊隷下の部隊である。北海道余市郡余市町の余市警備所を基地としている。

概要[編集]

第1ミサイル艇隊とミサイル艇整備班を含む本部からなり、小樽港に入港する艦艇の支援や沿岸地域・津軽海峡の防備、爆発物処理、災害派遣等を担当する。札幌市を中心とする札幌都市圏など、人口集中地域である北海道道央に駐留する唯一の海上自衛隊部隊である[1]

沿革[編集]

冷戦が進み、対ソ連政策として北海道日本海沿岸に魚雷艇基地を建設するという構想が出てきた。余市町では、基地誘致を目指し、1962年(昭和37年)に町議会にて基地誘致議決がなされ、1970年(昭和45年)に基地の建設が決定した[2]。ほどなく、工事が開始され、1971年(昭和46年)余市漁港の最北端に魚雷艇基地が設置された。寿都町も候補地であったが、背後に高い山があるという条件で余市が選定された。

  • 1971年(昭和46年)7月15日:「余市防備隊」が開隊。開隊時の編成は、本部、第1魚雷艇隊(10号型魚雷艇(10号)及び、11号型魚雷艇(11号))により編成[3]
  • 1972年(昭和47年)3月28日:12号魚雷艇が第1魚雷艇隊に編入[3]
  • 1975年(昭和50年)4月15日:10号魚雷艇が除籍[3]
  • 1990年(平成02年)11月28日:11号魚雷艇が除籍。15号魚雷艇が第2魚雷艇隊から編成替え[3]
  • 1991年(平成03年)10月4日:12号魚雷艇が除籍。14号魚雷艇が第2魚雷艇隊から編成替え[3]
  • 1993年(平成05年)3月22日:14号魚雷艇が除籍。第1魚雷艇隊が廃止、15号魚雷艇は防備隊直轄艇となる[3]。第1ミサイル艇隊(ミサイル艇1号及びミサイル艇2号)を新編。ミサイル艇機動支援整備班(MLS班)を新設[4]。この時期の人員は約100名[1]
  • 1994年(平成06年)10月14日:魚雷艇15号が除籍となり、ミサイル艇のみの編成となる。
  • 1995年(平成07年)3月13日ミサイル艇3号を編入する。
  • 2006年(平成18年)9月5日:ミサイル艇3号が大湊港内において機関砲誤射事故。
  • 2008年(平成20年)6月6日:ミサイル艇1号及び2号が除籍。ミサイル艇「わかたか」が第2ミサイル艇隊から、「くまたか」が第3ミサイル艇隊から編成替え。
  • 2010年(平成22年)6月24日:ミサイル艇3号が除籍[5]。ミサイル艇機動支援整備班(MLS班)が廃止。

部隊編成[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
余市防備隊司令 1等海佐 鈴木拓哉 2018年08月01日 横須賀地方総監部監察官
歴代の余市防備隊司令
(特記ない限り1等海佐)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 村上 優 1971.7.15 - 1972.12.15 海兵75期 大湊地方総監部 第1護衛隊群司令部幕僚 就任時2等海佐
1972.1.1、1等海佐
2 原 哲朗 1972.12.16 - 1974.12.15 おおなみ艦長 第4駆潜隊司令 就任時2等海佐
1973.7.1、1等海佐
3 中山献一 1974.12.16 - 1976.12.15 海上自衛隊幹部学校教務課長 海上幕僚監部副監察官 就任時2等海佐
1975.1.1、1等海佐
4 阿久根文雄 1976.12.16 - 1979.7.31 海上幕僚監部調査部調査第2課
情報第1班長
大湊地方総監部幕僚長
5 田畑一朗 1979.8.1 - 1982.3.15 防大1期 潜水艦教育訓練隊副長 海上幕僚監部防衛部
6 伊藤金二 1982.3.16 - 1984.3.15 海保大4期・
9期幹候
海上幕僚監部総務部総務課総務班長 海上自衛隊幹部候補生学校教育部長
兼 学生隊長
7 竹内秀人 1984.3.16- 1986.7.31 金沢大
4期幹候
大湊警備隊司令 自衛隊秋田地方連絡部長
8 堂脇 樹 1986.8.1 - 1987.12.2 防大6期 さわかぜ艦長 第34護衛隊司令
9 藤原弘之 1987.12.3 - 1989.3.15 防大5期 しらね艦長 第37護衛隊司令
10 宮本 静 1989.3.16 - 1990.7.31 学習院大
13期幹候
自衛艦隊司令部幕僚 第2護衛隊司令
11 高井 仁 1990.8.1 - 1991.6.30 防大7期 しらね艦長 第34護衛隊司令
12 番匠 勉 1991.7.1 - 1992.12.14 防大10期 横須賀地方総監部管理部総務課長 海上自衛隊第2術科学校教育1部長
13 中山 武 1992.12.15 - 1994.7.31 防大11期 海上幕僚監部人事教育部人事課募集班長 大湊地方総監部防衛部
14 伊藤和雄 1994.8.1 - 1996.3.24 防大14期 海上幕僚監部防衛部
装備体系課指揮通信体系班長
第36護衛隊司令
15 西村圭佑 1996.3.25 - 1998.12.7 防大11期 阪神基地隊副長 退職
16 村田章夫 1998.12.8 - 2001.3.26 防大14期 呉地方総監部監察官 海上自衛隊第1術科学校総務部長
17 椋尾康広 2001.3.27 - 2002.7.31 防大17期 しらね艦長 自衛艦隊司令部
兼 呉地方総監部
18 松田貞臣 2002.8.1 - 2003.12.18 防大16期 第2潜水隊司令 横須賀潜水基地隊付
→2004.4.3 退職
19 清水 東 2003.12.19 - 2005.6.30 海上幕僚監部首席法務官付法務官(防衛) 海上自衛隊第2術科学校副校長
20 寺澤 洋 2005.7.1 - 2007.3.27 防大21期 防衛研究所主任研究官
21 松浦正幸 2007.3.28 - 2008.9.24 防大21期 くらま艦長
22 落 修司 2008.9.25 - 2010.3.24 防大25期 海上訓練指導隊群司令部幕僚 第14護衛隊司令
23 田尻裕昭 2010.3.25 - 2011.7.31 防大27期 海上自衛隊幹部候補生学校主任教官 大湊地方総監部防衛部長
24 田所 浩 2011.8.1 - 2013.9.12 神戸商船大大院
38期幹候
第2潜水隊司令 大湊地方総監部管理部長
25 豊住 太 2013.9.13 - 2014.8.4 防大29期 きりしま艦長 第5護衛隊司令
26 髙田昌樹 2014.8.5 - 2015.8.2 防大29期 佐世保海上訓練指導隊指導部長
兼 船務航海科長 兼 副長
いせ艦長
27 吉田圭司 2015.8.3 - 2016.11.30 防大33期 第51掃海隊司令
→2015.7.31 大湊地方総監部防衛部勤務
大湊地方総監部防衛部長
28 三上大二 2016.12.1 - 2018.7.31 防大32期 海上自衛隊幹部学校企画部企画課
国際計画班長
自衛艦隊司令部作戦分析主任幕僚
29 鈴木拓哉 2018.8.1 - 慶應大
42期幹候
横須賀地方総監部監察官

脚注[編集]

  1. ^ a b 大湊地方隊の組織と任務 中山一富 「世界の艦船」1994年9月号 P76-79 株式会社海人社
  2. ^ 余市町でおこったこんな話その96 余市防備隊(余市町HP)
  3. ^ a b c d e f 大湊地方隊の歩み 中名生正己 「世界の艦船」1994年9月号 P69-75 株式会社海人社
  4. ^ 余防沿革
  5. ^ ミサイル艇「3号」艦番号823 平成22年6月24日除籍

関連項目[編集]