佳久創

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かく そう
佳久 創
本名 佳久 創
別名義 KAKU
生年月日 (1990-10-28) 1990年10月28日(28歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
身長 185 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 2017年 -
著名な家族 郭源治(父)
佳久耀(兄)
事務所 アクロスエンタテインメント(預かり)
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ノーサイド・ゲーム
テンプレートを表示
佳久 創 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1990-10-28) 1990年10月28日(28歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
身長 1.85 m (6 ft 1 in)
体重 92 kg (14 st 7 lb)
学校 愛知高等学校
大学 明治大学
ラグビーユニオン経歴
ポジション ウイング(WTB)
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
2006-09
2009-13
愛知高等学校ラグビー部
明治大学ラグビー部
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2013-15 トヨタ自動車ヴェルブリッツ ()
■テンプレート

佳久 創(かく そう、1990年10月28日[2] - )は、日本俳優、元ラグビー選手。愛知県名古屋市出身[3]アクロスエンタテインメント(預かり)所属。

来歴[編集]

ラグビー選手時代[編集]

小学生の頃までは父親と同じく投手として野球をプレー。愛知中学校・高等学校に入学。

顧問の誘いで中学3年生の頃からラグビーを始める[4]。高校3年生時に7人制ラグビーの東海選抜に選ばれ、全国準優勝を果たす[4]

高校卒業後は明治大学法学部に進学[1][5]2011年8月、7人制ラグビーの日本選抜のメンバーとして参加した「上海セブンズ」で左膝前十字靭帯を断裂する大怪我を負い、競技への復帰には約11ヶ月を要した[6]。復帰後の2012年には15人制ラグビーの日本代表の練習にも参加した[7]

卒業後はトヨタ自動車ヴェルブリッツに入団[1]し、2年間(2013年 - 2015年)在籍。大学時代の怪我の影響が大きく、ラグビー選手を引退した[8]

芸能活動時代[編集]

ラグビー選手引退時のインタビューでは社業に専念すると答えていたが[8]2015年末より名古屋市で行われるアーティストイベント「CentRal Voice Wave」にKAKU名義で出演を始める[9]

当初はボーカリスト枠としての参加だったとされるが、2016年2月にミヤジシンゴ[注 1]と漫才コンビ「ピグマリオンコウカ」を結成し[11]、以降はコンビで同イベントに出演[12]。結成年にはM-1グランプリ2016に挑戦しているが、1回戦で敗退している[11]

上記イベントのプロデュースを務めるレイズイングループの関連企業である芸能事務所・アクロスエンタテインメントに2017年7月より準預かりとして所属[13]。レイズイングループが運営する声優アーティスト養成所の声遊塾名古屋とR&A VOICE ACTORS ACADEMYに通って演技を学び、その後は預かりに昇格[14]2018年にはモブ役ではあるが声優としてテレビアニメの出演も経験した。

その後は俳優業をメインに活動。テレビドラマの端役として出演を続けていたが、2019年1月にNHK BSプレミアムに放送された単発ドラマ『キミに最後の別れを 〜永遠なれ ラグビーの青春〜』では元ラグビー選手の経験を生かし、東大ラグビー部員役のメインキャストとして出演を果たす[15]。同年7月よりTBSで放送の連続ドラマノーサイド・ゲーム』では自身初の連続ドラマレギュラーキャストを務める[14]。また、このドラマもラグビーが舞台となっている。

2019年8月8月放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS)でバラエティ番組初出演。佳久の父親は元プロ野球選手の郭源治であるが、同じく親が有名人で『ノーサイド・ゲーム』で共演する眞栄田郷敦(父親が千葉真一)、林家たま平(父親が9代目林家正蔵)、村田琳(母親が蓮舫)の3人とともに「二世俳優」として出演した[16]。9月6日放送の『爆報! THE フライデー』(TBS)では父・郭源治とテレビ初共演を果たした[17]

人物[編集]

台湾原住民族アミ族の父と日本人の母のハーフ。父は中日ドラゴンズ台湾プロ野球で活躍した元プロ野球選手郭源治。双子の兄は元社会人野球選手の佳久耀で、他に姉と妹がいる[3]。「佳久」という苗字は父親が日本に帰化した際につけた苗字である[18]

趣味は、ラグビー、筋トレ映画鑑賞、WWE観戦[2]。明るい性格[18]

ラグビー選手から俳優に転向した異色の経歴だが、父親の郭源治によると、元々俳優業にも興味があったといい、小さい頃には兄・耀とお芝居ごっこをして遊んでいたという[18]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

短編映画[編集]

  • おしゃれして行こう!(2018年、監督:四季涼) ※ビューティフルエンジェル「belulu」ブランデッドショートムービー[32]

舞台[編集]

  • なめくじ劇場LIVE4(2018年4月13日 - 15日、サラヴァ東京)[33]
  • B.S(2018年7月19日 - 23日、Air studio[注 2][34]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在は人力舎所属のお笑いコンビ「パルテノンモード」のメンバー[10]
  2. ^ トリプルキャスト。A班に出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c トップリーグプロフィール
  2. ^ a b アクロスエンタテインメントプロフィール
  3. ^ a b “「矢場とん」野球部 抑えは中日OB郭源治の長男”. 日刊スポーツ. (2015年4月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1464794.html 2019年4月8日閲覧。 
  4. ^ a b “郭源治氏の次男、佳久創が明大復活背負う”. SANSPO.COM. (2009年3月18日). オリジナルの2009年4月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090421091752/http://www.sanspo.com:80/rugby/news/090318/rgb0903180505000-n1.htm 2019年4月9日閲覧。 
  5. ^ 佳久 創”. ■敵陣深く■紫紺の軌跡. 2019年8月2日閲覧。
  6. ^ “郭源治氏次男 佳久創が左膝前十字じん帯断裂から復帰”. Sponichi Annex. (2012年7月9日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/07/09/kiji/K20120709003638260.html 2019年8月1日閲覧。 
  7. ^ ““代表”練習に明大・佳久初参加 郭源治氏の次男”. Sponichi Annex. (2012年9月5日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/09/05/kiji/K20120905004045370.html 2019年8月1日閲覧。 
  8. ^ a b 【ヴェルブリッツ】2014年度 引退選手インタビュー WTB 佳久 創”. GAZOO. トヨタ自動車 (2015年3月24日). 2019年7月30日閲覧。
  9. ^ 12/27(日) CentRal Voice Wave Vol.34”. Rey's in event Log. レイズイン (2015年12月27日). 2019年6月27日閲覧。
  10. ^ パルテノンモード”. プロダクション人力舎オフィシャルウェブサイト. 2019年8月1日閲覧。
  11. ^ a b ピグマリオンコウカ コンビ情報詳細”. M-1グランプリ 公式サイト. 2019年4月8日閲覧。
  12. ^ 4/24(日) CentRal Voice Wave Vol.38”. Rey's in event Log. レイズイン (2016年4月24日). 2019年6月27日閲覧。
  13. ^ 加入のお知らせ”. ACROSS ENTERTAINMENT (2017年7月). 2019年4月9日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ a b レイズイン [@rey_s_in] (2019年6月22日). "声遊塾名古屋→R&A→アクロスエンタテインメント預かり所属の佳久創さんが、7月スタートの日曜よる9時、TBS新ドラマ「ノーサイドゲーム」レギュラーキャスト里村亮太役に決定しました!!" (ツイート). Retrieved 2019年6月27日 – via Twitter.
  15. ^ 【市内撮影】NHK BSプレミアム「キミに最後の別れを~永遠なれ ラグビーの青春~」1月12日(土)午後9時から”. 群馬あんなかロケーションサービス (2019年1月). 2019年4月9日閲覧。
  16. ^ “眞栄田郷敦&林家たま平が“二世”の掟を公開!横山裕らも登場「櫻井・有吉THE夜会」”. cinemacafe.net (2019-08-19). (2019年8月8日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/08/08/62921.html 
  17. ^ “元中日投手・郭源治氏、次男の俳優・佳久創と涙のテレビ初共演”. スポーツ報知. (2019年9月6日). https://hochi.news/articles/20190906-OHT1T50202.html 2019年10月14日閲覧。 
  18. ^ a b c 増田護 (2019年8月22日). “「ノーサイド・ゲーム」にドラゴンズ守護神の息子 郭源治Jr.佳久創、ラグビーから俳優の道へ”. コラム 人生流し打ち:中日スポーツ (中日新聞社). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/masuda/CK2019082202100046.html 2019年8月28日閲覧。 
  19. ^ a b 佳久創(カクソウ)”. narrow. ジェミー. 2019年6月25日閲覧。
  20. ^ ドラマ出演情報”. ACROSS ENTERTAINMENT (2018年10月). 2019年4月9日閲覧。
  21. ^ 黒澤光司・佳久創 テレビ出演情報”. ACROSS ENTERTAINMENT (2018年11月). 2019年4月9日閲覧。
  22. ^ サイレント・ヴォイス - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2019年6月25日閲覧。
  23. ^ レ・ミゼラブル 終わりなき旅路 - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2019年6月25日閲覧。
  24. ^ キミに最後の別れを ~永遠なれ ラグビーの青春~”. BSプレミアム. NHK. 2019年1月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年4月9日閲覧。
  25. ^ 阿部遼哉・佳久創・溝口奈菜 出演情報”. ACROSS ENTERTAINMENT (2019年1月). 2019年4月9日閲覧。
  26. ^ キミに最後の別れを - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2019年6月25日閲覧。
  27. ^ 佳久創 NHK「ミストレス」出演”. ACROSS ENTERTAINMENT (2019年5月). 2019年6月25日閲覧。
  28. ^ 佳久創 CX「コンフィデンスマンJP」出演”. ACROSS ENTERTAINMENT (2019年5月). 2019年6月25日閲覧。
  29. ^ 佳久創 CX「ストロベリーナイト・サーガ」出演”. ACROSS ENTERTAINMENT (2019年5月). 2019年6月25日閲覧。
  30. ^ キャスト & スタッフ”. 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』. TBSテレビ. 2019年6月25日閲覧。
  31. ^ 堀内博志 [@pw_horiuchi] (2019年1月30日). "2/1配信開始!『マヒルついて』" (ツイート). Retrieved 2019年6月25日 – via Twitter.
  32. ^ おしゃれして行こう!(19分/日本/2018)”. 佐世保映像社 (2019年3月7日). 2019年6月25日閲覧。
  33. ^ イッキ・亀岡孝洋・五十嵐雅・浅倉一男・岡本ナミ・奥田耕大・富田美穂・西田有愛・佳久創 舞台『なめくじ劇場LIVE4』出演”. ACROSS ENTERTAINMENT (2018年4月10日). 2019年4月9日閲覧。
  34. ^ B.S”. Air studio. 2019年4月9日閲覧。
  35. ^ R&A VOICE ACTORS ACADEMY”. 2019年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月24日閲覧。