佳子内親王 (後三条天皇皇女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佳子内親王(かし/よしこないしんのう、天喜5年(1057年) - 大治5年7月25日1130年8月30日))は、平安時代後期の皇女、賀茂斎院後三条天皇の第3皇女で、母は滋野井御息所藤原茂子(藤原能信養女)。同母兄に白河天皇富小路斎院と呼ばれた。

生涯[編集]

治暦4年(1068年)、父の後三条天皇の即位に伴い、8月14日に姉妹と共に内親王宣下を受ける。翌延久元年(1069年)6月に三品に叙され、同年10月賀茂斎院に卜定された。同年11月別封200戸を賜る。延久4年(1072年)7月病によって退下した。大治5年(1130年)7月25日、74歳で死去。

大雲寺に参籠し、境内の霊泉により精神病を治癒したと伝えられている。

参考文献[編集]

  • 芳賀登他監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター,1993年