侍中群要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

侍中群要(じちゅうぐんよう)は、平安時代以後、朝廷にあって機密の事務をつかさどった高級官僚の蔵人侍中)に関する種々な事例を集めて記した有職故実書である[1]。全10巻。著者・成立ともに不明だが、最新の記事は延久3年(1071年)であることから[2]、それ以降の成立である。橘広相を著者とする説もあるが[3]、成立時期からすると誤りである[4]

現存する最古の完本は、鎌倉幕府第15代執権北条貞顕が嘉元4年(1306年)に書き写させた金沢文庫本で、名古屋市が所有(蓬左文庫保管)し、国の重要文化財である。

記載例[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 侍中群要(金沢文庫本)文化財ナビ愛知
  2. ^ 「中世から近世における石灰の利用」角田清美専修人文論集、2012年
  3. ^ 侍中群要. 第1-10 / 橘広相 [撰 ]古典籍総合データベース
  4. ^ 『世界大百科事典 』kotobank
  5. ^ 『日本の犬・歴史散歩』真壁延子、文芸社, 2001
  6. ^ 『当世女装一斑』泉鏡花青空文庫