依田川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
依田川
水系 一級水系 信濃川
種別 一級河川
延長 39.349 km
水源 筑摩山地
河口・合流先 千曲川(長野県上田市大屋)
流域 長野県
テンプレートを表示

依田川(よだがわ)は、長野県内を流れる信濃川水系の一級河川。流域は依田窪地方と称される。

地理[編集]

長野県中央部の筑摩山地の東斜面を流域とする水系で、上流は数条に分かれる。本流は和田峠に発する和田川であり、北北東に流下して上田市大屋で千曲川に直角に合流する[1]。本流は延長39.349キロメートルであるが[2]、途中で大門峠から北流する大門川、武石峠から東流する武石川、三才山から東流する内村川を合わせる[1]

本支流はいずれも谷平野が細長く、下流から上流の谷頭までに達しているが、平地は6パーセントと狭い。江戸時代には水量の乏しい塩田平へ引水する計画が何度も持ち上がったが成功せず、昭和29年(1954年)に上田市腰越から二ッ木峠に隧道を通して途中の堰を活用するなどで通水を完成させている[3]。上流には複数の水力発電所がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「長野県百科事典」p.831
  2. ^ 角川日本地名大辞典
  3. ^ 長野県の地名 p.279

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典』20 長野県、角川書店、1990年7月18日、初版、1167頁。ISBN 9784040012001。
  • 『日本歴史地名大系 20 長野県の地名』 平凡社、1979年
  • 『長野県百科事典』 信濃毎日新聞社開発局出版部、1983年