依田広太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

依田 広太郎(よだ ひろたろう、1853年嘉永六年) - 1916年〈大正5年〉5月20日[1])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将[2]、丹後国宮津(現・京都府宮津市)出身[2]

人物[編集]

宮津藩軍監・依田伴蔵の長男。1877年(明治10年)陸軍士官学校(旧1期) を卒業し陸軍少尉任官。累進して陸軍歩兵中佐となり監軍部参謀事務取扱や第29連隊長を務め、1898年(明治31年))10月1日 陸軍歩兵大佐に昇進すると、陸軍戸山学校長、砲兵会議議員、歩兵第47連隊長を歴任した。1903年(明治36年)12月9日 陸軍少将に任官、同日付けで歩兵第4旅団長を拝命する。次いで歩兵第12旅団長、歩兵第1旅団長を経て、1910年(明治43年)11月30日 、陸軍中将となり第7代第11師団師団長に就任。その5年後の1915年(大正4年)依願で予備役編入となった。

経歴[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1145号「叙任及辞令」1916年5月27日。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本陸軍将官総覧』147項
  3. ^ 『官報』第878号「叙任及辞令」1886年6月7日。
  4. ^ 『官報』第3407号「叙任及辞令」1894年11月5日。
  5. ^ 『官報』第3539号「叙任及辞令」1895年4月20日。
  6. ^ 『官報』第3608号「叙任及辞令」1895年7月10日。
  7. ^ 『官報』第3976号「叙任及辞令」1896年9月28日。
  8. ^ 『官報』第4579号「叙任及辞令」1898年10月3日。
  9. ^ 『官報』第5179号「叙任及辞令」1900年10月4日。
  10. ^ 『官報』第6133号「叙任及辞令」1903年12月10日。
  11. ^ 『官報』第7205号「叙任及辞令」1907年7月6日。
  12. ^ 『官報』第7315号「叙任及辞令」1907年11月14日。
  13. ^ 『官報』第8234号「叙任及辞令」1910年12月1日。
  14. ^ 『官報』第898号「叙任及辞令」1915年7月29日。
  15. ^ 『官報』第928号「叙任」1886年8月4日。
  16. ^ 『官報』第2629号「叙任及辞令」1892年4月7日。
  17. ^ 『官報』第3671号「叙任及辞令」1895年9月21日。
  18. ^ 『官報』第76号「叙任及辞令」1898年11月1日。
  19. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  20. ^ 『官報』第7678号「敍任及辞令」1909年2月2日。
  21. ^ 『官報』第8330号「叙任及辞令」1911年4月1日。
  22. ^ 『官報』第525号「叙任及辞令」1914年5月1日。
  23. ^ 『官報』第917号「叙任及辞令」1915年8月21日。
  24. ^ 『官報』第3695号「叙任及辞令」1895年10月22日。
  25. ^ 『官報』第5525号「叙任及辞令」1901年12月2日。
  26. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  27. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  28. ^ 『官報』第101号「叙任及辞令」1912年11月30日。
  29. ^ 『官報』第1459号「叙任及辞令」1888年5月14日。
  30. ^ 『官報』第7517号「叙任及辞令」1908年7月17日。
  31. ^ 『官報』第8231号「叙任及辞令」1910年11月28日。

参考文献[編集]