保久城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
保久城
愛知県
城郭構造 山城
天守構造 不明
築城主 不明
築城年 寛喜(1230年ごろ)[1]
主な城主 山下義道
廃城年 不明(1461年以降)
遺構 堀切、曲輪
指定文化財 なし
位置 北緯35度00分29.0秒
東経137度18分02.9秒
座標: 北緯35度00分29.0秒 東経137度18分02.9秒
地図
保久城の位置(愛知県内)
保久城
保久城

保久城(ほっきゅうじょう)[1]は、愛知県岡崎市保久町に存在した中世日本の城山城)。

概要[編集]

『額田町史』[1] によると建造されたのは1230年ごろとされており、額田地区内でもっと古いとされる城である。初代城主は山下義道と記されている。山下氏は平家出身で、三河守護足利氏被官となり、室町幕府が誕生すると奉公衆に取り立てられたが、室町時代後期の1461年に円川合戦で、松平宗家第3代松平信光により第9代山下庄左衛門庄重久が滅ぼされ、以後廃城となった[2][3][4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『額田町史』額田町教育委員会1986年11月1日、P146
  2. ^ 『中世城館跡調査報告Ⅱ』,『額田町史』P132~P133
  3. ^ 「額田町のあゆみ」岡崎教育ネットワーク
  4. ^ 「額田-その歴史と文化」岡崎市美博ニュースアルカディアVol.30」
  5. ^ 「(1)鎌倉・室町時代のころ」岡崎教育ネットワーク

関連項目[編集]