保住直孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
保住 直孝
基本情報
本名 保住 直孝
階級 ミドル級
身長 180cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1974-12-10) 1974年12月10日(43歳)
出身地 神奈川県横須賀市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 39
勝ち 30
KO勝ち 23
敗け 7
引き分け 2
テンプレートを表示

保住 直孝(ほずみ なおたか、1974年12月10日 - )は、日本プロボクサー神奈川県横須賀市出身。元日本ミドル級、元OPBF東洋太平洋同級王者。ヨネクラボクシングジム所属。横浜高校卒業。

高校の同級生に元阪神タイガース部坂俊之、1年後輩には大和心がいる。

来歴[編集]

高校時代の1991年1992年インターハイライトヘビー級2連覇を達成する。卒業後、ヨネクラジムに入門。

1993年6月8日、西森豊に2RKO勝ちでプロデビュー。

1995年8月8日、日本ミドル級王座決定戦でケビン・パーマーと対戦。ダウンを奪ったものの10RKO負け。プロ初黒星となった。

1998年、暴行容疑で逮捕される[1]

1999年4月3日、日本テレビダイナミックグローブ」で大谷信直を7RTKOで下し、日本同級王座獲得。

4ヵ月後にテレビ朝日エキサイトボクシング」でノンタイトルを1RKO勝利。

2000年2月29日、堀内稔を判定で下し、初防衛に成功。

2000年8月1日、鈴木悟を2箇所折られた末に8RTKOで敗れ、王座陥落。

2001年2月15日、東京都豊島区カジノ店で賭博罪現行犯で逮捕された(翌日に保釈)[1]

2001年2月26日、刑事処分未確定の状態で試合を行い、7RTKO勝ちを収めた。

2001年8月1日、OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチでパーマーと再戦。9RKO勝ちで王座を獲得。

2002年5月14日、崔光辰を迎えてのOPBF東洋太平洋王座初防衛戦ではほぼ試合を支配し、8RKO勝ちを収めた。

2002年7月29日、ノンタイトルでガオグライ・ゲーンノラシンに4RKO勝ち。この試合後、OPBF東洋太平洋王座返上。

2002年10月10日、WBA世界ミドル級王座に挑戦。竹原慎二を倒したウィリアム・ジョッピーに10RTKO負けを喫し王座獲得失敗。

2004年5月1日、荒木慶大が持つ日本ミドル級王座に再挑戦も判定負け。

2006年、第3回B:Tight!に参戦。決勝でアマチュア13冠の佐藤幸治に敗れ、準優勝となった[2]

2008年2月23日、東京都公務執行妨害事件を起こし、6月24日有罪判決を受けたことにより、日本ボクシングコミッション(JBC)からライセンス無期限停止処分を受けた[3]

2010年12月1日、ボクシング系格闘技イベントBOXFIGHTのメインイベントでラチャシー・シッサイトーンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[4]

2012年3月26日、同じジムの元プロボクサー矢島拓也と共謀してバーを経営する知人男性から30万脅し取った恐喝の疑いで警視庁大塚警察署に逮捕された[5][1]

エピソード[編集]

  • 「ボクシングで嫌いなのは練習とロードワーク」などと公言するほどの練習嫌いである。
  • 高校およびジムの先輩であり元WBA・WBC世界ストロー級チャンピオン、そして「150年に一人の天才」と謳われた大橋秀行に「(保住を)最初見た時、天才かと思いましたよ」と言わしめた。
  • 日本ランカー当時に「竹原は逃げてるんですよ、オレから」や「竹原、本当に大したことない」などの数々のビッグマウスでOPBF王者であった竹原慎二への挑発を繰り返したが、世界挑戦への機が熟していた竹原からは相手にされず、対戦は実現しなかった。

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:17戦17勝無敗
  • プロボクシング:36戦28勝(23KO)6敗2分

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世界にも挑んだ元東洋太平洋王者が恐喝で5度目の逮捕 プロボクサーの不祥事相次ぐ”. リアルライブ (2012年3月28日). 2013年10月19日閲覧。
  2. ^ 佐藤MVP、ビー・タイト決勝 小野寺、沼田もV ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2006年12月9日
  3. ^ 元王者保住ら2選手のライセンス「無期限停止」 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年6月24日
  4. ^ 【ボックスファイト】元ボクシング王者・保住直孝、未知のタイ強豪を破り復活 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月1日
  5. ^ スポーツ報知 2012年3月26日掲載

関連項目[編集]

前王者
大谷信直
第48代日本ミドル級王者

1999年4月3日 - 2000年8月1日

次王者
鈴木悟
前王者
ケビン・パーマー
第35代OPBF東洋太平洋ミドル級王者

2001年8月1日 - 2002年7月(返上)

空位
次タイトル獲得者
豊住徳太郎