保塚町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 足立区 > 保塚町
保塚町
保塚町の位置(東京23区内)
保塚町
保塚町
保塚町の位置
北緯35度47分12.35秒 東経139度48分46.28秒 / 北緯35.7867639度 東経139.8128556度 / 35.7867639; 139.8128556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Adachi, Tokyo.svg 足立区
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 3,246人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
121-0072[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

保塚町(ほづかちょう)は、東京都足立区町名。「丁目」の設定のない単独町名である。郵便番号は121-0072。

地理[編集]

東京都足立区中部に位置する。隣接する地区は、北は東保木間、東は六町、南は一ツ家、西は平野および東六月町。町域内に教育機関は存在しないが、町域の東にある「子供の広場」が住民の多目的広場として機能している。つくばエクスプレス線の開業までは鉄道空白地帯であった町域内には大型高層マンションなどは存在しないが、代わりに倉庫・物流センター・駐車場などが多く立地している。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、保塚町11-19の地点で22万3000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

保塚町は保木間村の一部と竹塚村の飛び地の一部からなる両村の辺境的存在であった。第二次世界大戦前は純農村であり、人家が進出するのは1950年代からのことである。1960年代の土地整備を契機に農家農業離れが進み、現在では一部を除きほとんどが宅地化された。

地名の由来[編集]

1963年昭和38年)9月1日に、それまでの農道整備に連動して当地で行われていた土地区画整理事業が完了した際に、新しく誕生した土地区画整理地区に新しい町名を付けることになった。そこで、土地区画整理地区の従来の町名である保木間町と竹塚町から一文字ずつ取り、保塚町とした。1978年(昭和53年)に町名は保塚町のままで住居表示が実施されている。

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
保塚町 1,527世帯 3,246人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

番地 小学校 中学校
全域 足立区立東栗原小学校 足立区立東島根中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

保塚町域内に鉄道駅は存在しない。しかし隣接する六町に六町駅があるため、地域住民鉄道利用に不便することはない。

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

  • 保塚センター
    • 保塚区民事務所
    • 保塚図書館
    • 保塚住区センター
      • 児童館
      • 学童保育室
      • 老人館
    • 保塚社会教育館
  • 保塚公園
  • 子供の広場・・・現在は住宅地になっている

脚注[編集]

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。