保定航空学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

保定航空学校(ほていこうくうがっこう、保定航空學校)は、北洋軍閥時代に設立され直隷派によって運営された飛行士(飛航員)を養成する学校。

概要[編集]

保定航空学校の始まりは、1922年冬に設立された保定航空隊の飛行練習生隊であった。後に航空練習班に拡充[1]

1923年冬、保定航空隊が中央航空司令部に編入されると、保定航空教練所が設立[2]。所長は中央航空第2隊隊長の沈徳燮が兼任、歐陽璋が教育長を務め、67人の飛行教官がいた[1]。当時、陝西省長の劉鎮華は、姚中など10名の学生を航空教練所に派遣した[1]

1924年、第2次奉直戦争勃発。同年10月の時点で、すでに半数以上の学生が単独での飛行が可能だった[2]。沈徳燮は副飛行員の名義で軍に服務させようとしたが反対され、学生達は飛行助手として参加することになった[2]

1924年10月、孫岳の国民第3軍が保定に進出し、航空教練所を接収[3]。かつて孫岳が指揮していた第15混成旅の幹部訓練班を出た楊鶴霄などの働きかけにより航空署長の何遂中国語版の支持を受け、航空教練所は航空署直轄となり国立保定航空学校に改称[4]

1925年3月、国民第3軍に随伴して洛陽に移動[4][5]。国立洛陽航空学校に改名[6]

1925年秋、学生27人が卒業[7]。それからまもなく航空学校は取り消された[6]。卒業生で航空隊が編成され、第1隊隊長が楊鶴霄、第2隊隊長が崔滄石となった[6]

人物[編集]

教官[編集]

  • 沈徳燮 - 校長
  • 欧陽璋 - 教育長
  • 謝雲鶴 - 教官
  • 彭雲慶 - 教官
  • 劉國楨 - 教官。朝陽大学、陸軍講武堂、南苑航空学校3期卒業。1928年7月、殉職。
  • 安岡駒好 - 日本人教官、高知県出身、伊藤飛行場出身、一等飛行士[8]

生徒[編集]

  • 張明舜(從佛) - 1899年2月4日出生、河南省長葛出身。1926年夏、援陝航空支隊隊員[9]。1929年12月26日、洛陽航空站站長[10]。1935年9月7日、空軍上尉[11]。1934年より新設の周家口航空站站長[12]、1938年ごろ開封航空站站長[13]。1947年8月15日、空軍少校[14]
  • 張國威(德威) - 1894年6月27日出生、河北省蠡県出身。 1929年5月、航空第2隊飛行員[15]。1930年8月、航空第5隊参謀。1947年8月15日、空軍少校で退役。
  • 張亞伯(國棟) - 1896年12月15日出生、河北省景県出身。1926年2月、国民第3軍航空司令部副官[16]。1926年11月、聯軍航空司令部飛行員[17]。1927年3月、東路軍航空司令部飛行員[18]。1929年5月、航空第1隊飛行員[19]。1935年9月26日、空軍少校。1931年12月、軍政部航空学校飛行教官。1947年8月15日、空軍中校で退役。
  • 張維藩 - 1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1929年5月、航空第2隊飛行員[15]。軍政部第5隊分隊長。1934年10月14日、殉職[21]
  • 張慕超 - 1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1927年春、江右軍航空隊隊長[18]。1929年5月、航空第2隊飛行員[15]。1929年9月、中華航空協進第2回全国代表大会常務委員[22]。1930年、航空署秘書。
  • 衷立人(凌雲) - 1906年2月25日出生、福建省崇安出身。1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1927年、国民革命軍江右軍航空隊飛行員[23]。1929年11月26日、航空第1隊観察師[24]。1931年5月27日、航空第7隊参謀[25]。1936年9月3日、空軍上尉[26]。1937年5月、航空委員会第3処第6科(軍官)科長[27]
  • 敖景福 - 1897年7月24日出生、河北省大興出身。1947年8月15日、空軍少校で退役。
  • 田曦 - 1904年2月30日出生、河北省定県出身。1926年5月、直魯聯軍航空司令部飛雁隊飛行員[20]。1927年2月、山東航空司令部飛竜隊隊長[20]。1928年、水上飛機隊副隊長[28]。1930年7月、航空第5隊隊長。1932年、航空署教育科長[29]。1935年9月、空軍中校。空軍第3路司令。1941年、総指揮部訓練処長[30]。1947年9月、空軍訓練司令部参謀長[31]
  • 李天民 - 1904年5月13日出生、河北省任邱出身。1926年夏、援陝航空支隊隊員。1935年9月7日、空軍少校。李逸儕に改名。飛行員、第13中隊長、伊寧教導総隊隊附、第3総站(梁山)総站長、航空委員会安全委員、国防部第1区験放組副組長などを歴任。1959年退役。
  • 李熙皋 - 1906年9月8日出生、河北省景県出身。1935年9月7日、空軍中尉。1947年8月14日、空軍上尉で退役。
  • 李連捷 - 1903年5月18日出生、河北省阜城出身。1935年9月7日、空軍中尉。
  • 劉芳秀 - 1905年2月29日出生、福建省沙県出身。航空第3隊隊長、空軍第2路司令。
  • 劉義曾 - 1904年3月14日出生、河北省蠡県出身。1925年冬、山西航空兵団飛行員[32]。1926年5月、山西航空隊副隊長[32]。1927年10月、山西航空第1隊副隊長[32]。1929年5月、航空第3隊飛行員[15]。分隊長、副隊長歴任。1932年、航空第4隊隊長[29]。1929年5月、1935年9月7日、空軍少校。
  • 劉俊傑 - 1927年10月、山西航空第2隊副隊長[32]。1930年、山西航空大隊長[33]
  • 楊鶴霄 - 1904年12月14日出生、河北省完県出身。航空第4隊隊長、伊寧教導総隊総隊長などを歴任。戦後、戦傷が原因で退役。
  • 楊鼎新 - 1902年1月1日出生、河南省林県出身。軍政部航空第3隊飛行員。
  • 石邦藩 - 1901年8月12日出生、湖南省乾城出身。航空第2隊隊長、中央航空学校入伍生隊隊長、南京総站長。
  • 崔滄石 - 1898年9月19日出生、韓国ソウル出身。航空第4隊副隊長、飛行教官、南昌総站長など歴任。戦後に帰国して韓国空軍参謀総長。
  • 姚中 - 1902年7月21日出生、河南省自由出身。1930年8月19日、航空第3隊参謀[34]。1932年1月11日、航空第3隊飛行員[35]。1935年9月7日、空軍上尉[11]
  • 蕭祥蛟 - 1926年夏、援陝航空支隊隊員。1929年5月、水上飛機隊飛行員[15]。1929年12月20日、殉職[36]
  • 耿嗣曾 - 1928年1月、直隷航空司令部航空隊副隊長[37]
  • 王鳳岐(琢章) - 1905年8月20日出生、河北省灤県出身。1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1927年春、江右軍航空隊飛行員[18]。航空第2隊飛行員、航空第7隊分隊長歴任。1935年9月26日、空軍上尉。
  • 王允斌 - 1902年7月24日出生、河南省林県出身。1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。航空署科員、航空第4隊参謀歴任。1935年9月7日、空軍少校。1938年3月、航空委員会参謀処第5科長[38]
  • 王好生 - 1906年7月18日出生、河南省新蔡出身。1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1928年1月、直隷航空司令部航空隊副隊長[37]。航空第3隊飛行員。1935年9月7日、空軍少校。1938年3月、航空委員会参謀処第3科長[38]
  • 汪樹棠 - 1901年出生、安徽省合肥出身。航空第2隊飛行員。1935年9月7日、空軍中尉。
  • 甄中和 - 1903年4月24日出生、河北省宛平出身。航空第3隊分隊長、航空署軍務処科員歴任。1935年9月7日、空軍少校。1937年5月、航空委員会管理科長[27]。1938年3月、航空委員会航政処第6科長[38]
  • 高會一 - 1905年2月15日出生、河北省定県出身。1926年5月、直魯聯軍航空司令部飛豹隊飛行員[20]。1927年2月、山東航空司令部教官[20]。航空第2隊飛行員、分隊長歴任。1935年9月7日、空軍少校。1936年頃、死亡[39]
  • 孟憲武 - 1899年9月24日出生、河北省景県出身。1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1935年9月26日、空軍上尉。
  • 趙秀倫 - 1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1928年5月3日、殉職[40]
  • 董世賢 - 1900年8月7日出生、河北省昌平出身。1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。1929年5月、水上飛機隊飛行員[15]。1947年8月15日、空軍少校で退役。
  • 董築新 - 1904年9月13日出生、江蘇省呉県出身。1929年5月、航空第2隊飛行員[15]。1935年9月7日、空軍上尉。1938年3月、航空委員会参謀処第4科長[38]
  • 梁勛章 - 1905年12月2日出生、河北省満城出身。1926年9月、直隷航空処飛行員[20]。航空第3隊飛行員、分隊長歴任。1935年9月7日、空軍少校。
  • 金世傑 - 1901年10月18日出生、江蘇省江寧出身。1926年5月、直魯聯軍航空司令部飛雕隊飛行員[20]。1935年9月7日、空軍上尉。
  • 葉玉琳(志堅) - 1926年9月、直隷航空処飛行員[20]
  • 陳尚之(尚志) - 1898年1月17日出生、河南省滎陽出身。日中戦争時、來鳳航空站長。1947年8月14日、空軍上尉で退役。
  • 于富有 - 1901年5月12日出生、河北省寧河出身。

出典[編集]

  1. ^ a b c 李 1973, p. 66.
  2. ^ a b c 李 1973, p. 67.
  3. ^ 抗战前中国航空队史略(上) (PDF)” (中国語). 『军事历史研究』2003年第3期. 2017年9月8日閲覧。
  4. ^ a b 李 1973, p. 81.
  5. ^ 中國飛機尋根(之十六)
  6. ^ a b c 文 2006, p. 40.
  7. ^ 盧 1974, p. 7.
  8. ^ 北支那航空調査の件 (PDF)”. アジア歴史資料センター. 2017年12月21日閲覧。
  9. ^ 李 1973, p. 48.
  10. ^ 国民政府令 356号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  11. ^ a b 国民政府令 1840号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  12. ^ 中山雅洋『中国的天空(上)沈黙の航空戦史』大日本絵画、2007年。ISBN 978-4-499-22944-9。
  13. ^ ““天神”折翼周家口机场” (中国語). 大河网. (2016年8月9日). http://news.dahe.cn/2016/08-09/107292960.html 2019年6月8日閲覧。 
  14. ^ 国民政府令 2904号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g 馬 1994, p. 399.
  16. ^ 馬 1994, p. 205.
  17. ^ 馬 1994, p. 209.
  18. ^ a b c 馬 1994, p. 391.
  19. ^ 馬 1994, p. 398.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 馬 1994, p. 191.
  21. ^ 盧 1974, p. 71.
  22. ^ 馬 1994, p. 400.
  23. ^ 李 1973, p. 94.
  24. ^ 国民政府令 330号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  25. ^ 国民政府令 783号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  26. ^ 国民政府令 2143号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  27. ^ a b 馬 1994, p. 414.
  28. ^ 馬 1994, p. 396.
  29. ^ a b 馬 1994, p. 403.
  30. ^ 陈应明,‎廖新华 編著 (2006). 浴血长空:中国空军抗日战史. 航空工业出版社. pp. 112. 
  31. ^ 盧 1974, p. 289.
  32. ^ a b c d 馬 1994, p. 196.
  33. ^ 馬 1994, p. 197.
  34. ^ 国民政府令 551号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  35. ^ 国民政府令 975号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年9月9日閲覧。
  36. ^ 馬 1994, p. 119.
  37. ^ a b 馬 1994, p. 184.
  38. ^ a b c d 馬 1994, p. 415.
  39. ^ 国民政府広報第2244号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2018年3月28日閲覧。
  40. ^ 馬 1994, p. 117.

参考文献[編集]

  • 文闻 編 (2006). 旧中国空军秘档. 中国文史出版社. 
  • 马毓福編著 (1994). 1908-1949中国军事航空. 航空工业出版社. 
  • 盧克彰編著 (1974). 空軍建軍史話. 空軍總部政治作戰部. 
  • 李天民 (1973). 中國航空掌故. 中國的空軍出版社.