保苅瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

保苅 瑞穂(ほかり みずほ、男性、1937年12月23日 - )は、日本のフランス文学者、東京大学獨協大学名誉教授

東京生まれ。九段高等学校から、1961年東大文学部仏文科卒、1963年同大学院修士課程修了、1964-1967年パリ大学パリ高等師範学校留学、1968年東大博士課程単位取得満期退学、中央大学専任講師、1974年東大教養学部助教授、1990年教授、1998年定年退官、獨協大学教授、2008年名誉教授。

はじめプルーストを研究、モンテーニュなどにも考察を提示した。2017年、『モンテーニュの書斎 『エセー』を読む』で第69回読売文学賞随筆・紀行賞受賞。

著書[編集]

  • 『プルースト-印象と隠喩』筑摩書房 1982/ちくま学芸文庫 1997
  • 『プルースト-夢の方法』筑摩書房 1997
  • 『フランス語 4 1998』放送大学教育振興会 1998
  • 『モンテーニュ私記 よく生き、よく死ぬために』筑摩書房 2003/講談社学術文庫 2015
  • ヴォルテールの世紀 精神の自由への軌跡』岩波書店 2009
  • 『プルースト 読書の喜び 私の好きな名場面』筑摩書房 2010
  • 『恋文 パリの名花レスピナス嬢悲話』筑摩書房 2014 
  • 『モンテーニュの書斎 『エセー』を読む』講談社 2017

共編著[編集]

  • 『耳から学ぶフランス語』福井芳男鈴木康司共著 駿河台出版社 1974
  • 『マルセル・プルースト初級読本』鈴木イヴェット共編著 朝日出版社 1985

翻訳[編集]

  • ゴダール全集 4 ゴダール全エッセイ集』蓮實重彦共訳 竹内書店 1970
    • 全集2「軽蔑」、1971
  • ツヴェタン・トドロフ『小説の記号学 文学と意味作用』菅野昭正共訳 大修館書店 1974
  • ジャン・ムートン『プルースト』作家と人間叢書:ヨルダン社 1976
  • プルースト『逃げ去る女』世界文学全集 75 講談社 1978
  • 『プルースト全集11・12・13 ジャン・サントゥイユ』鈴木道彦共訳 筑摩書房 1985
  • 『プルースト評論選 1 文学篇・2 芸術篇』ちくま文庫 2002。元版は「全集15」に収録、他に「書簡」の訳注に参加
  • ロラン・バルト『批評と真実』みすず書房 2006

論文[編集]

脚注[編集]