信州新町町営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

信州新町町営バス(しんしゅうしんまち ちょうえいバス)とは、長野県上水内郡信州新町が運行していたコミュニティバスである。2010年(平成22年)の合併に伴い、すべての路線が長野市営バスに移管された。

本項では、信州新町が運営を行っている福祉バススクールバス(混乗可能)についても記述する。

概要[編集]

かつては川中島バスの路線が町内を走っていたが、同社の経営再建に伴い、補助金対象とならない路線が整理されることとなった。このため、当町内における一部の路線は廃止され、自治体による廃止代替バスへと移行することとなった。

沿革[編集]

  • 1985年(昭和60年)10月1日 - 信州新町営バス運行開始
  • 2001年(平成13年)4月1日 - 町営バス、スクールバスを全面委託へと切り替え
  • 2005年(平成17年) - 生坂村営バスとの相互乗入を中止
  • 2006年(平成18年)10月1日 - 山清路線を古坂折り返しに変更
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 山清路線を廃止。福祉バス東部線を枌ノ木線に統合。コミュニティバス運賃を一律200円に改定
  • 2010年(平成22年)1月1日 - 長野市との合併に伴い、長野市営バスとなる

合併時点の路線[編集]

宇内坂線・高府線・枌ノ木線・信級線・左右線・水内線、およびスクールバス南部線・一倉田和線の最終便については、予約が必要な停留所が多く、予約のない場合は、途中折り返し運行となる。

コミュニティバス[編集]

  • 宇内坂線
  • 高府線
    • 県道信濃信州新線における道路改良工事の影響で、越道上折り返しを行っており、小川村方面へ入っていない。
  • 枌の木線
  • 信級線
  • 左右線
  • 水内線
    • 町道水篠橋寺尾線の通行止めに伴い、当分の間、矢ノ尻経由の二丁田折り返しとなっている。このため、美術館前 - 地場産センター間は経由していない。

スクールバス[編集]

スクールバスであるがゆえ、学校休校日などに合わせた運行となっている。

  • 越道線
  • 平線
    • 町道水篠橋寺尾線の通行止のため、当分の間地場産センターで折り返し。
  • 細尾線
  • 一倉田和線
  • 牧内線・塩本線
  • 南部線

福祉バス[編集]

福祉バスは、以下の条件を満たす信州新町民のみ利用できる。

  1. 65歳以上の人と特に必要と認められる同伴する介護者
  2. 身体障害者手帳の交付を受けた者及び同伴する介護者
  3. 療育手帳の交付を受けた者及び同伴する介護者
  4. 公的障害年金受給者及び同伴する介護者
  5. 特別児童扶養手当支給対象児童及び同伴する介護者
  6. 母子家庭の母子及び父子家庭の父子
  7. 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者及び同伴する介護者
  8. 前各号に掲げる者の他、特に町長が認めた者


  • 越道線(月曜日運行)
  • 水内線
    • 町道通行止めのため運休中。
  • 西部線(火曜日運行)
  • 津和竹房線(水曜日運行)
  • 信級線(木曜日運行)
  • 南部線(木曜日運行)
  • 牧郷線(金曜日運行)

運賃[編集]

  • コミュニティバス・スクールバス混乗・福祉バスともに、一律200円。
    • 2007年(平成19年)9月30日までコミュニティバスについては対距離運賃を採用しており、回数券や、福祉利用者(65歳以上など種々の条件を満たしたもの)に対して1枚200円の福祉乗車券が販売されていた。一律運賃の導入に伴い回数券・福祉乗車券の販売は中止され、使用も2008年(平成20年)3月31日を以て停止された。

委託先[編集]

  • ひじり観光タクシー

関連項目[編集]