信貴山玉蔵院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
玉蔵院
Gyokuzoin nihonichidaijizoson.jpg
所在地 奈良県生駒郡平群町信貴山
位置 北緯34度36分34.6秒
東経135度40分8.6秒
山号 信貴山
宗派 信貴山真言宗
寺格 大本山
本尊 毘沙門天
開基 覚鑁
正式名 信貴山玉蔵院
札所等 大和十三仏霊場 第11番
法人番号 3150005003344
テンプレートを表示

信貴山玉蔵院(しぎさんぎょくぞういん)とは、奈良県生駒郡平群町信貴山にある総本山朝護孫子寺塔中の一つ。

由緒[編集]

平安時代、崇徳天皇の御代に、新義真言宗の開祖である覚鑁上人が信貴山に参篭した時、毘沙門天より真陀摩尼(ちんたーまに)という如意宝珠の珠を授けられ、この寺に蔵さめたという伝説から玉蔵院とよばれるようになったという。