信長燃ゆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

信長燃ゆ』(のぶながもゆ)は、安部龍太郎の著した時代小説(新潮社日本経済新聞出版社刊)、並びにそれを原作に2016年1月2日21:00-23:58に放送されたテレビ東京系列の「YAMADA新春時代劇(ヤマダ・しんしゅんじだいげき)」第36作である。

作品の概要[編集]

織田信長は、「天下布武」を目指し、武力を活かして世直しを進めていき、天正9年(1581年)、安土城を中心軸として、盤石の勢力を保っていたが、その勢力が巨大になったゆえか、好誼(いわゆるパートナー)を持っていた近衛前久を初めとする公家から反感の態度が持ち始めてしまう。武家と朝廷が対立する中、信長に好感を抱く東宮夫人の勧修寺晴子らを絡ませた人間模様、さらに歴史的な「本能寺の変」を描いた時代小説である[1]

テレビドラマ[編集]

信長燃ゆ
ジャンル 時代劇
原作 安部龍太郎
脚本 塩田千種
監督 重光亨彦
出演者 東山紀之
製作
各話の長さ 178分
制作 テレビ東京東映
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年1月2日
放送時間 土曜21:00 - 23:58
放送枠 新春ワイド時代劇
回数 1
YAMADA新春時代劇・「信長燃ゆ」


本作は、毎年1月2日に行われてきた「新春ワイド時代劇シリーズ」の第36作として製作された。従来通り、ヤマダ電機の特別協賛を仰いで放送されるが、2015年まで長時間体制(当初12時間→10時間→7時間→5時間)で放送してきたのを大幅短縮し、過去最短の3時間で放送されたことから、題名から「ワイド」の文言を外し、「新春時代劇」として放送されることが決まった[2]。また、1981年から放送していた「新春ワイド時代劇シリーズ」はこの作品が最後となった。

キャスト[編集]

織田家
朝廷
その他

スタッフ[編集]

  • 原作:安部龍太郎「信長燃ゆ」(新潮文庫・日本経済新聞出版社)
  • 脚本:塩田千種
  • 監督:重光亨彦
  • 音楽:栗山和樹
  • 技斗:清家三彦
  • VFX:キルアフィルム、クロフネプロダクト
  • チーフプロデューサー:岡部紳二(テレビ東京)
  • プロデューサー:山鹿達也・濱谷晃一(テレビ東京)、小林由幸(東映)
  • 製作:テレビ東京東映

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 備考
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 土曜 21:00 - 23:58 2016年1月2日 YAMADA新春時代劇として放送 制作局
北海道 テレビ北海道(TVh)
愛知県 テレビ愛知(TVA)
大阪府 テレビ大阪(TVO)
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC)
福岡県 TVQ九州放送(TVQ)
岐阜県 岐阜放送(GBS・ぎふチャン) 独立局 ローカルセールススポンサー協賛
滋賀県 びわ湖放送(BBC)
奈良県 奈良テレビ放送(TVN)
和歌山県 テレビ和歌山(WTV)

出典[編集]

  1. ^ AMAZON「信長燃ゆ」(上)
  2. ^ 大型じゃなくなったテレ東「新春時代劇」来年は3時間!スタート時は12時間だったのに・・・(J-CAST 2015年11月27日、2016年1月2日閲覧)
東京12チャンネル→テレビ東京 YAMADA新春時代劇
前番組 番組名 次番組
大江戸捜査網2015
※18:00 - 23:09
(2015年)
【ここまで「YAMADA新春ワイド時代劇」】
【ここまで5時間枠】
信長燃ゆ
(2016年)
【本年度のみ改題・3時間枠】
(廃枠)