修武館奥之形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

修武館奥之形(しゅうぶかんおくのかた)とは、兵庫県伊丹市の道場修武館で伝承されている剣術である。本来は5本からなる形であったが、現在は3本しか伝わっていない。

1908年明治41年)以降に、修武館の師範であった、富山圓直心影流)、美田村顕教天道流)、真貝忠篤窪田派田宮流)、岡本七太郎(神道無彊流)、成富赫治(流派不明)の流派の技を1本ずつ採用し5本の形を定めたものである。

その後、2本が失伝し、現在は直心影流、天道流、窪田派田宮流の技を採用した3本のみ伝承されている。

参考文献[編集]

  • 月刊剣道日本』1985年12月号 聞き書き剣道史28、スキージャーナル

関連項目[編集]