俺たちルーキーコップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

俺たちルーキーコップ』(おれたちルーキーコップ)は、1992年4月14日から同年7月14日まで、TBSで放送された日本のテレビドラマ。放送時間は毎週火曜20:00 - 20:54(JST) 。全14話。

概要[編集]

横浜・神川県警中浜署警ら課の若手巡査たちと青年刑事の活躍を描いたアクション刑事ドラマ。巡査たちはいずれも遊び好き・女好き・金銭にルーズといった、およそ模範的な警察の姿からはかけ離れた現代的若者の延長線上として描かれた。一方で主演の仲村トオルは彼らを支える刑事役だが、組織からはみ出した一匹狼として描かれている。

当初は全20話の放送予定だったが、視聴率低迷で全14話へ短縮された。

仲村と鷲尾いさ子は、このドラマでの共演がきっかけで結婚。また、2001年公開された行定勲監督『GO』に萩原聖人が巡査役で出演していたが、同作で萩原が演じた人物のキャラクター像は行定監督が『俺たちルーキーコップ』の荒谷巡査のその後をイメージして、直々にキャスティングしたという。

設定[編集]

舞台[編集]

神無川県警察中浜警察署
横浜市中心部を主に管轄する警察署。署内は受付窓口や警ら課、刑事課などが1階の同一フロアに配置されている[注釈 1]
飛龍館
中浜署の男子独身寮。外観はごく普通のアパートだが、吹き抜け構造の講堂には雀卓やゲームマシンなどの遊技設備が大量に持ち込まれ、夜は寮長の森川を筆頭に、勤務を終えた巡査たちが乱痴気騒ぎを繰り広げる無法地帯と化す。事件の際には矢部や末松も交えた秘密の捜査会議場としても活用される。

登場人物[編集]

矢部 良(中浜署刑事課捜査員) - 仲村トオル
刑事課の一匹狼刑事で基本的には単独行動だが、警ら課の外勤警官たちの機動力を活かし、彼らを独断で手足のように使う。その奔放ぶりから同僚たち(大杉漣滝川健)には邪魔者扱いされているが、整ったルックスで署の女性陣からは人気が高い。明晰な頭脳も持ち合わせ、毎回矢部を出し抜こうと先走る荒谷たちの行動を素早く察知して牽制しつつも、彼らにそれとなく事件解決の糸口を与えて手柄を立てさせることも多い。海外出張中の姉夫婦のマンションに留守番を兼ねて住んでいる。
少年時代は手の付けられない不良で、自身の理解者だった中浜署の沢井刑事に憧れて警察官を志した過去を持つが、後に沢井は犯人に撃たれ殉職を遂げている。
本来、第20話(最終回)では過去の違法捜査などのスキャンダルが発覚し、警察を退職する羽目となる展開が用意されていた。
末松 美奈子(中浜署刑事課捜査員) - 鷲尾いさ子
刑事課の紅一点。中浜署若手署員の憧れの的だが、美奈子は矢部に想いを寄せており、一緒に捜査をすることが多い。矢部に「美奈子」と呼ばれることを夢見ているが、肝心の矢部は「末松!」と呼んでいる。
スタート当初は浮世離れした言動が多かったが、徐々に常識的な性格へと変わっていった。
荒谷 健(中浜署警ら課巡査) - 萩原聖人
宮手県(架空)出身。田舎街でケンカばかりしていた悪ガキだったが、なりゆきで警察官になってしまった。反抗心が強く、矢部にことあるごとに反発するが、結局他の若手巡査と矢部にうまく使われる事が多い。
根は情に脆い性格で、事件の陰に潜む非情な現実に幾度となく打ちのめされるが、矢部たちとの交流を経て少しずつ成長していく。
本来、20話では矢部のスキャンダルを告発し、泣きながら矢部と殴り合い、説得するという展開が用意されていた。
西山 幸雄(中浜署警ら課巡査) - 榊原利彦
荒谷とコンビを組む同期。2年前に解散した静岡の暴力団組長の息子で、いずれ警察から若い人材をヘッドハンティングし、父の組織を再興しようと目論んでいる。ケンカが強く、裏社会の事情に通ずる。
蜜小路 静香 - 森川由加里
警ら課事務員。27歳。異常なまでに結婚願望が強く、男漁りに余念がない。勤務中も派手なブランドファッションに身を包む自由人で、その放蕩ぶりには等々力でさえも「何とかならんのか…」と頭を抱える始末だが、一方で似顔絵の腕前に関してはプロ並みという面も持つ。
等々力 保夫(中浜署警ら課課長) - 渡辺徹
荒谷らの上司。普段は若手巡査らの暴走行為にも無頓着な放任主義者のように振る舞っているが、陰では彼らを信頼し、厳しくも暖かく見守っている。
本来、20話では矢部の違法捜査で責任を取って辞職する展開が用意されていた。
美空(中浜署警ら課係長) - 塩見三省
嫌味と軍隊まがいの暴力指導で巡査たちをしごき回すが、権威に弱い。最後は等々力の甘い態度に懐柔されてしまうことが多い。
山崎 忠夫(中浜署警ら課巡査部長) - 飯田浩幾
中堅巡査。常に美空の傍に控える補佐役であり、同時にゴマすり役でもある。
祝 幸之助 - 中条静夫
矢部らがよく立ち寄るバー「錨」のマスター。博識であり、裏情報や的確なアドバイスを送ることもある。
宇野 源太郎(中浜署刑事課課長) - 大林丈史
矢部と美奈子の上司。典型的な保身タイプの中間管理職であり、署内では常に胃薬を大量服用している。
祝 ヨシミ - 高橋里華
幸之助の孫で「錨」の従業員。荒谷に好意を抱いており、何かと世話を焼こうとする。
森川 林太郎(中浜署警ら課巡査) - 今井雅之
飛龍館の寮長で元自衛隊特殊部隊員。任侠映画かぶれで、暴走する若手巡査たちの筆頭格だが、権力を傘に悪事を働く犯罪者には怒りを露にする一面もある。美奈子に対して事あるごとに色目を使う。
河野 孝明(中浜署警ら課巡査) - 菅原加織
中田(中浜署警ら課巡査) - 田中傑幸
伊藤 六男(中浜署警ら課巡査) - 井上雄介
関西出身。資産家であり、署内だけでなく各所轄職員を相手に低金利の裏金融業を営んでいるが、口止め料として収益の一部を森川にピンハネされている。第1話では、「港署の鷹山」と名乗る人物から10万円の融資を依頼される場面がある。
尾根(中浜署警ら課巡査) - 草薙 仁
アイドルやアニメグッズのコレクターで、通称「オタッキー尾根」。普段は昼夜問わず昇任試験の勉強に耽っているが、あまり熱心ではない。豊富なAV機器の知識を持つ。
柿沼 浩(中浜署警ら課巡査) - 津久井啓太
下関市出身。警官の息子。背が低いことから、荒谷たちからは「ガキンチョ」と呼ばれている。
ミキ・ナナ(中浜署交通課巡査) - パンプキン
女性警官コンビで矢部のファン。若手巡査たちのマスコット的な存在でもあり、本来女子禁制である飛龍館にも堂々と出入りする。

テーマ曲[編集]

  • エンディングテーマ「ブラザーズ・ソング」仲村トオル

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 放映日 サブタイトル ゲスト 脚本 監督
1 1992年
4月14日
大発進 鼓太郎水島涼太稲田千花 丸山昇一 長谷部安春
2 4月21日 大逆転 佐倉しおり長岡尚彦松井哲也中島陽典羽村英
3 4月28日 大好走 菅田俊広田玲央名山本昌平けーすけ団巌 柏原寛司 成田裕介
4 5月5日 大飛躍 椎谷建治睦五朗榎木兵衛志賀圭二郎 岡芳郎 長谷部安春
5 5月12日 大脱線 海老名美どり阿部祐二長谷部香苗中村浩二 高橋洋
6 5月19日 大変身 六浦誠賀川黒之助辰馬伸栩野幸知 加藤正人 成田裕介
7 5月26日 大波乱 綿引勝彦深江章喜有沢妃呂子山西道広 田部俊行 加藤彰
8 6月2日 大悲恋 吉川十和子河西健司鶴田忍絵沢萌子伊藤洋三郎 岡芳郎
9 6月9日 大混戦 香坂みゆき久富惟晴金井大 田部俊行 村川透
10 6月16日 大奮闘 星瑤子佐藤信一坂田雅彦清水宏 中島トビオ
11 6月23日 大発奮 田山真美子佐藤仁哉テレサ野田レオナルド熊小鹿番影山英俊草薙良一 中島紘一 長谷部安春
12 6月30日 大殊勲 ベンガル石井愃一水島新太郎辻輝猛妹尾青洸
緒形幹太宮澤美保石山雄大渡辺哲田中優樹
柏原寛司 辻井孝夫
13 7月7日 大喝采 佐久間哲鹿内孝小林勝彦、草薙良一 古内一成 伊藤裕彰
14 7月14日 大反撃 網浜直子遠藤憲一朝比奈順子浜田晃松村邦洋 峯尾基三 長谷部安春

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この構造は、同じセントラル・アーツが製作した『あぶない刑事』シリーズの舞台である港警察署とも共通する。

出典[編集]


TBS 火曜20時台(1992年4月 - 1992年7月)
前番組 番組名 次番組
俺たちルーキーコップ