倉光俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

倉光 俊夫(くらみつ としお、1908年11月12日 - 1985年4月16日)は、日本の小説家

略歴[編集]

東京市浅草生まれ。法政大学文学部国文科を卒業。朝日新聞社会部記者松竹演劇部・映画部勤務を経て作家活動に入る。武田麟太郎の『人民文庫』に参加の後、1941年に池田源尚・古沢元らと同人誌『麦』を創刊。1943年に『連絡員』で第16回芥川賞を受賞。

怪奇小説を数々ものす傍ら、高橋竹山を取り上げた『津軽三味線』も著している。

著書[編集]

  • 『連絡員』文藝春秋社 1944
  • 『冷べたい水の村』家の光協会 1970
  • 『津軽三味線』立風書房 1976
  • 『売られていぐ村』家の光協会 1977
  • 『倉光俊夫自撰随筆集』日本随筆家協会 1985