倉吉市立成徳小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倉吉市立成徳小学校

Kurayoshi municipal Seitoku elementary school01n4592.jpg

2008年時点の児童玄関
(2017年の建替により現存せず)
過去の名称 開豪学校
成徳小学校
倉吉尋常小学校
成徳尋常小学校
成徳尋常高等小学校
成徳国民学校
倉吉町立成徳小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 倉吉市
校訓 自学・自治・創造
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 682-0824
鳥取県倉吉市仲ノ町733番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

倉吉市立成徳小学校(くらよししりつ せいとくしょうがっこう)は、鳥取県倉吉市仲ノ町にある公立小学校

歴史[編集]

池田氏家老荒尾志摩家の陣屋跡に学校を置き[1]、尋常小学校としたのが始まり。(その名残として「陣屋のシイ」があり、市の保存樹に指定されている。また、石垣も陣屋時代のものが現存している。)

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年)2月20日 - 開豪学校開校。
  • 1874年(明治7年)4月 - 一貫小学を分離独立、神坂支校を設立。
  • 1875年(明治8年)9月19日 - 神坂支校独立し温恭校と改称。
  • 1878年(明治11年)6月 - 開豪・温恭を合併して成徳小学校と改称。
  • 1884年(明治17年)8月 - 一貫小学を分校とする。。
  • 1887年(明治20年)4月1日 - 一貫分校を本校に併合、倉吉尋常小学校と改称。
  • 1891年(明治24年)1月20日 - 成徳尋常小学校と改称。
  • 1894年(明治27年)4月1日 - 成徳尋常高等小学校と改称。
  • 1909年(明治42年)5月8日 - 明倫小学校を分割する。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令により成徳国民学校と改称。
  • 1944年(昭和19年)9月20日 - 神戸市河池国民学校84名疎開滞在。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革により倉吉町立成徳小学校と改称。
  • 1953年(昭和28年)10月1日 - 市制施行により倉吉市立成徳小学校と改称。

校章[編集]

前述の荒尾家の家紋『九曜星』の影をとった『影九曜』が使われている[1]竹輪の食べさしに似ていることから、俗に「竹輪の食いさし」とも呼ばれる。

校舎[編集]

昭和31年頃の校舎

現在の校舎は西校舎と東校舎に分かれており、鉄筋コンクリート造である。東校舎はかつての「白亜の殿堂」(後述)が再現されており、2階建てである。西校舎はかつての南校舎を移築した3階建ての建物で、玄関上部には打吹天女の壁画絵が掲げられている。

昭和前半期までの校舎(右写真)は、「白亜の殿堂」と呼ばれていたが、伊勢湾台風の被害を受けたため解体、新築された。このとき建てられた校舎は2008年夏に耐震工事がなされたが、2017年に現校舎への建て替え工事が行われた。

「白亜の殿堂」は道路を挟んで隣接する喫茶店混智絵留都(コンチェルト)』も再現している。

校歌[編集]

童謡「きんたろう」等の作曲で有名な田村虎蔵作曲した。

現況[編集]

児童数の減少と統廃合構想[編集]

  • かつては1学年に複数クラスが設置されていたが、現在は1クラスとなっている。
  • 現在の児童数は少子化の煽りを受け減少傾向にあり、2016年時点で127人、2020年以降には100人未満になることが予想されている[2]
  • こうした状況を受け、倉吉市は小学校の適正配置を検討しており、成徳小学校は明倫小学校灘手小学校との統合が構想され、説明会が実施されている[3]

通学区域[編集]

  • 住吉町、宮川町、宮川町二丁目、東町、湊町、堺町一丁目、堺町二丁目、堺町三丁目、新町一丁目、新町二丁目、新町三丁目、荒神町、魚町、明治町、明治町二丁目、大正町、大正町二丁目、仲ノ町、東仲町、西仲町、西町、研屋町

関係者[編集]

教員[編集]

卒業生[編集]

主な進学先[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]