倉橋町営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

倉橋町営バス(くらはしちょうえいバス)は、広島県安芸郡倉橋町にてかつて運行していた自治体バスである。

概要[編集]

  • 日曜・祝祭日・年末年始(12月31日~1月3日)は全便運休。藤脇・長谷線は土曜も運休[1]
  • 運賃は10円単位の区間制だった。
  • 運行形態は、道路運送法の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送(いわゆる80条バス)であった。
    • 本浦・大向線は町直営の運行で、室尾・大迫・鹿島線及び藤脇・長谷線はタクシー会社に運行を委託していた[1]

路線[編集]

以下の3路線があった。 ※2000年10月23日現在、全バス停記載[2] 

本浦・大向線
  • (桂浜ふれあいセンター(温泉館) - )本浦 - 石原 - 尾曽郷 - 須川東浜 - 須川宮前 - 西宇土 - 大影 - 大向
    • 桂浜ふれあいセンター(温泉館) - 本浦間は大向発の2本のみ経由。
室尾・大迫・鹿島線
  • 室尾 - 海越口 - 鹿老渡 - 瀬戸口 - 鹿島小 - 家之元 - 砠之元 - 宮ノ口
  • 室尾 - 撰果場 - 洲ノ崎 - 倉井 - 大迫
藤脇・長谷線
  • 藤の脇 - 先奥 - 大江 - 誠和団地 - 長谷

車両[編集]

  • 5台のバスを使用していた[1]

その後[編集]

  • 呉市への編入後、町営バスは民間委託化され、現在は倉橋交通が受託運行している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第5回呉市・倉橋町合併協議会 協議第33号 独自事業の取扱い(1) 生活バスの運行(呉市公式HP) (PDF)
  2. ^ 倉橋町公式HP(当時)にて公開されていた時刻表より