倉渕村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倉渕村
倉渕 相間川温泉「ふれあい館」 - panoramio.jpg
廃止日 2006年1月23日
廃止理由 編入合併
倉渕村群馬町箕郷町新町高崎市
現在の自治体 高崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
群馬郡
面積 127.26km².
総人口 4,683
推計人口、2006年1月23日)
隣接自治体 安中市
群馬郡榛名町碓氷郡松井田町
吾妻郡吾妻町長野原町
長野県北佐久郡軽井沢町
村の木 スギ
村の花 ヤマユリ
村の鳥 ウグイス
倉渕村役場
所在地 370-3492
群馬県群馬郡倉渕村大字三ノ倉303
Takasaki city Kurabuchi branch office.jpg
外部リンク 倉渕村の公式サイト
座標 東経138度45分
北緯36度25分
群馬県群馬郡倉渕村.png
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

倉渕村(くらぶちむら)は、群馬県の西部にあった群馬郡である。2006年1月23日多野郡新町、群馬郡群馬町箕郷町と共に高崎市へ編入された。高崎市への通勤率は12.9%(平成17年国勢調査)であった。

地理[編集]

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

  • 廃止時の村長:市川平治

経済[編集]

産業[編集]

林業が盛ん。

特産物[編集]

  • みょうが・トマト・ほうれん草、なめこ・しいたけ・お米(はんでえ米)・お酒(大盃・牧野酒造)

姉妹都市・提携都市[編集]

  • 横須賀市神奈川県
    • 1981年(昭和56年)12月14日 - 友好都市提携[1]
      横須賀製鉄所をつくるにあたり尽力した小栗忠順の縁[1]。倉渕村の一部となった権田は小栗の領地であり、終焉の地でもある[2]。倉渕村の高崎市への編入後も、横須賀市と倉渕地域との交流は継続されることとなった[2]
      倉渕村には横須賀市の市制施行80周年記念事業の一環として横須賀市民休養村「はまゆう山荘」が建設され、2005年(平成17年)10月1日に横須賀市から倉渕村に譲渡された[1]
  • 浦安市千葉県
    • 2006年1月18日に「倉渕村有林における森林整備等の活動に関する協定書」が調印され、浦安市民の森が貸与されている。
      上記のように調印の5日後には倉渕村は高崎市に編入されているが、これは松崎秀樹浦安市市長の「倉渕村との名において調印したい」という強い要望によるものであった[3]

地域[編集]

教育[編集]

  • 小学校
    • 倉渕村立中央小学校(のちの高崎市立倉渕中央小学校、2011年3月廃校し、4月に同地に統合校の高崎市立倉渕小学校が開校)
    • 倉渕村立川浦小学校(のちの高崎市立川浦小学校、2011年3月廃校し、高崎市立倉渕小学校に統合)
    • 倉渕村立東小学校(のちの高崎市立倉渕東小学校、2011年3月廃校し、高崎市立倉渕小学校に統合)
  • 中学校
    • 倉渕村立倉渕中学校

交通[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

道の駅くらぶち小栗の里
くらぶち相間川温泉 ふれあい館
小栗忠順(小栗上野介)ゆかりの東善寺
  • 烏川渓谷公園
  • 相間川温泉
  • 幕府御用材搬出御会所跡(倉渕村大字川浦字高芝27-5)
  • 東善寺

出身有名人[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 群馬県倉渕村と友好都市提携(昭和時代)”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  2. ^ a b 施設 / はまゆう山荘の生い立ち”. はまゆう山荘. 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ 市川平治(元倉渕村村長) (2012年6月30日). “山の民・海の民”. 上毛新聞 

関連項目[編集]