倉田主税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

倉田 主税(くらた ちから、1886年3月1日 - 1969年12月25日)は、日本実業家。株式会社日立製作所元社長・会長、日本科学技術振興財団初代会長、毎日放送取締役

弟には俳人の神崎縷々、三井鉱山社長を務めた倉田興人がいる。

来歴・人物[編集]

福岡県宗像郡神興村(現・福津市)出身。小倉工業を経て仙台高等工業学校(現東北大学工学部)卒業。久原鉱業所日立製作所に入社し、日立鉱山より産出されるを用いての電線自主製造確立に成功。電線事業確立後は電線工場の工場長に就任し、以降20年に渡り電線製造に携わる。

その後着任した笠戸工場工場長時に、公職追放された初代社長小平浪平以下16名の後を継いで、1947年に日立製作所二代目社長に就任。以降14年間社長を務める。社長歴任中に日本科学技術振興財団初代会長に就任、日立電線独立後は初代会長に就任した。更には日立製作所会長退任後、退職金を投じて財団法人国産技術振興会(現倉田記念日立科学技術財団)を設立するなど、産業の国産技術確立に貢献した。

略歴[編集]

  • 1886年(明治19年) 生誕
  • 1912年(明治45年) 久原鉱業所日立製作所に入社
  • 1941年(昭和16年) 日立製作所取締役就任
  • 1947年(昭和22年) 日立製作所社長に就任(二代目)
  • 1956年(昭和31年) 日立電線設立と伴い初代会長に就任
  • 1960年(昭和35年) 日本科学技術振興財団初代会長に就任。在職中にテレビ局(東京12チャンネル)を発足し、毎日放送とのネットワーク形成にも尽力する(1964年)
  • 1961年(昭和36年) 日立製作所会長に就任。工学部創設を検討していた東洋大学渋沢敬三・竹村吉右衛門と共に出資し、川越キャンパスに工学部が創設。[1]
  • 1968年(昭和43年) 修養団初代理事長に就任
  • 1969年(昭和44年) 財団法人国産技術振興会(現倉田記念日立科学技術財団)を自らの退職金から出資して設立。[2]この年の12月に死去。

脚注[編集]


先代:
小平浪平
日立製作所社長
第2代:1947年 - 1961年
次代:
駒井健一郎
先代:
(初代)
日本機械工業連合会会長
初代:1952年 - 1969年
次代:
田口連三
先代:
小倉正恆
修養団後援会会長
第3代:1962年 - 1968年
次代:
中安閑一
先代:
二木謙三
修養団理事長
初代:1968年 - 1969年
次代:
赤坂繁太