倉田晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倉田 晃
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1947-04-14) 1947年4月14日(71歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1969年 ドラフト外
初出場 1970年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

倉田 晃(くらた あきら、1947年4月14日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手内野手)。1973年の登録名は倉田 隆司(くらた たかし)[1]

来歴・人物[編集]

博多工業高では1964年、2年生の時に遊撃手として春の甲子園に出場。エース橋本孝志を擁し準決勝まで進出するが、尾道商小川邦和に抑えられ完封負け[2]。しかし、同年6月の新潟国体では、決勝で尾道商を降し初優勝を飾る。

高校卒業後は、明治大学へ進学。東京六大学リーグでは1968年春季リーグで首位打者となる。1969年春季リーグでは同期の古屋英雄(日本鋼管)、1年下の今井恒夫の好投もあって8年ぶりの優勝を飾った。古屋以外の大学同期に外野手小野寺重之日立製作所)らがいた。

1969年ドラフト外西鉄ライオンズへ入団。1970年には主に二塁手として32試合に出場。5月には3試合に二番打者として先発し、ジュニアオールスターゲームにも選出される。しかしその後は一軍での出場機会に恵まれず、1973年引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 西鉄 32 25 22 4 4 0 0 0 4 0 1 1 2 0 0 0 1 5 1 .182 .217 .182 .399
1972 11 4 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:2年 43 29 26 5 4 0 0 0 4 0 1 1 2 0 0 0 1 6 1 .154 .185 .154 .339

背番号[編集]

  • 2 (1970年 - 1972年)
  • 33(1973年)

登録名[編集]

  • 倉田 晃 (くらた あきら、1970年 - 1972年)
  • 倉田 隆司 (くらた たかし、1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 『ライオンズ60年史』(ベースボールマガジン社、2010年)127頁。
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]