倉田聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

倉田 聡(くらた さとし、1965年2月25日 - 2007年4月2日)は、日本の社会保障法学者。元北海道大学教授博士(法学)北海道札幌市生まれ。

人物・家族[編集]

  • 遠藤博也に入門するも同人が死去したことから、後には木佐茂男に師事して公法(行政法)を修める。北海道大学大学院法学研究科教授。1998年より日本社会保障法学会理事。専門はドイツの社会保険制度。2007年4月2日、海外旅行先で逝去[1]。享年42。
  • 家族に妻で熊本大学教授の倉田賀世がいる。

略歴[編集]

  • 1987年3月 北海道大学法学部卒業
  • 1992年3月 北海道大学大学院法学研究科公法専攻博士課程単位取得退学(1995年6月修了)
  • 1994年4月 北海道大学法学部助手
  • 1995年6月30日 北海道大学より博士(法学)の学位を受く(学位論文「医療保険法の基本構造―ドイツ疾病保険法制における「自治」と国家」)
  • 1996年4月 北星学園大学社会福祉学部専任講師
  • 1999年4月 北星学園大学社会福祉学部助教授
  • 2000年4月 北海道大学大学院法学研究科助教授
  • 2003年7月 北海道大学法学研究科教授(刑事法社会法講座)
  • 2004年12月 マックスプランク国際法・外国社会法研究所(ドイツ)留学(2005年11月まで)

主要著作[編集]

  • 『社会保障法〔第3版〕』(共著、有斐閣、2007)
  • 『社会福祉法入門』(共著、有斐閣、2004)
  • 『高齢者の法律相談』(有斐閣、2004)
  • 『社会保障読本〔第3版〕』(共著、東洋経済新報社、2004)
  • 『これからの社会福祉と法』(創成社、2001)
  • 『医療保険の基本構造――ドイツ疾病保険制度史研究』(北海道大学図書刊行会、1997)
  • 『社会保険の構造分析 ― 社会保障における「連帯」のかたち』(北海道大学出版会、2009(倉田の死後、加藤智章教授と菊池馨実教授の手により編集作業がすすめられた。))

脚注[編集]