倉石武四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

倉石 武四郎(くらいし たけしろう、1897年9月21日 - 1975年11月14日[1])は、日本中国語学者・中国文学者。教え子に入矢義高牛島徳次頼惟勤戸川芳郎らがいる。

来歴[編集]

1897年、新潟県高田町(現:上越市)にて[2]、十三人兄弟の四男として生まれる[1]

新潟県立高田中学校を経て東京帝国大学文学部支那文学科卒業。一高時代は三木清瀧川政次郎とともに岩元禎らの下で学ぶ。文学部では塩谷温服部宇之吉岡田正之らの下で学ぶ。卒論では中国天文学を扱う。この頃、雑誌『支那学』を読んで青木正児の紹介する文学革命に刺激を受ける[1]

1922年京都帝国大学大学院に進学、新城新蔵の下で中国天文学を扱いつつ、狩野直喜に師事する[1]

1928年、後輩の吉川幸次郎と共に中華民国期の北京留学し、山西南京上海を歴訪しつつ2年後に帰国する。この間、銭玄同呉承仕孫人和馬裕藻朱希祖楊鐘羲の下で学び、胡適魯迅章炳麟陶湘黄侃と交流する[1]

帰国後の1930年からは、京都帝大で教鞭を執りつつ、東方文化学院京都研究所で吉川幸次郎・小川環樹らと共に、孔穎達尚書正義』の定本を作るための会読に携わる[1]

1939年文学博士号取得。博論では清朝音韻学段玉裁許慎説文学)を扱う[1]

1940年からは、京都帝大と東京帝大を兼任する。兼任の経緯としては、塩谷温の後任や長沢規矩也の縁があったとされる[1][3]。この頃、音響学者の小幡重一と共同で方言音を研究したり、近畿古寺に伝わる仏典読誦方法を基に中古音を研究したりしている[1]

戦後1949年からは、東大文学部教授専任になり東京に移住。以降、日本学術会議の第一期会員、日本中国学会の結成、NHKラジオ第二放送中国語講座の担当、中国学術文化視察団の一員として中華人民共和国への訪問など、多くの重職を務める[1]

1958年に定年退官。退官後も、東大・京大の名誉教授として、日中学院を主宰するなど中国語教育に努める[1]

1975年、逝去。

業績としては、清朝音韻学研究、現代中国文学、中国語学、中国語教育、ラテン化新文字ピン音の紹介など多岐にわたる。『岩波中国語辞典』の編纂でも知られる[1]

逸話[編集]

親族[編集]

著書[編集]

  • 支那語語法篇』弘文堂書房 1938
  • 『支那語繙訳篇』弘文堂書房 1938-40
  • 『支那語法入門』弘文堂書房 1939
  • 『支那語教育の理論と実際』岩波書店 1941
  • 『漢字の運命』岩波新書 1952
  • ラテン化新文字による中国語初級教本』岩波書店 1953
  • 『中国文学史』中央公論社 1956
  • 『中国語法読本』江南書院 1956
  • 『初級ローマ字中国語』岩波書店 1958
  • 『漢字からローマ字へ 中国の文字改革と日本』弘文堂 1958
  • 『とろ火』くろしお出版 1960
  • 岩波中国語辞典』岩波書店 1963
  • 『中国文学講話』岩波新書 1968
  • 『ローマ字中国語 語法』岩波書店 1969
  • 『中国語五十年』岩波新書 1973
  • 『中国古典講話』大修館書店 1974
  • 『中国へかける橋』(遺稿集)亜紀書房 1977
  • 『倉石武四郎著作集』全2巻 くろしお出版 1981

編纂・翻訳[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 頼惟勤戸川芳郎. “倉石武四郎博士略歴”. 東京大学東洋文化研究所. 2020年4月24日閲覧。
  2. ^ 日中学院報403 2018年8月16日閲覧。
  3. ^ 宇野精一石川忠久『書香の家 宇野精一博士米寿記念対談集』明治書院、1997年、p.163;217
  4. ^ 土田健次郎 (2014). “大学における訓読教育の必要性”. 漢文教室 (大修館書店) 200: 7. https://www.taishukan.co.jp/kokugo/webkoku/kikanshi/kanbun_200/kanbun200_06.pdf. 
  5. ^ 倉石侗窩』 - コトバンク

関連項目[編集]