倉西誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

倉西 誠一(くらにし せいいち、1968年3月24日 - )は、株式会社KADOKAWAのブランドカンパニーの一つであるアスキー・メディアワークスの編集者。第7編集局(アスキー系編集部)局長、AppBank株式会社 社外取締役、「マックスむらい、村井智建を語る。」[1] 構成・文担当。

人物[編集]

石川県金沢市出身。立教大学文学部日本文学科卒業。『ゲームボーイ (ゲーム雑誌)』のライター(アニキ倉西)として活動後、『電撃PlayStation』に移籍、2003年より2009年まで同誌編集長(第2代)。2009年7月に『電撃DS&Wii』を総合誌『電撃ゲームス』(2011年5月休刊)にリニューアルさせたのち、『週刊アスキー』に異動している。

パワプロクンポケットシリーズモンスターハンターシリーズのファンで、これらのゲーム製作スタッフとの対談やコラムも担当。2007年にはブログをまとめた『狩られ道 MONSTER HUNTER PORTABLE 2ndプレイログ』がメディアワークスより上梓された。

刊行物[編集]

雑誌[編集]

書籍[編集]

Web媒体[編集]

脚注[編集]