個食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

個食(こしょく)とは、複数で食卓を囲んでいても、食べている物が各人で違うことを指す言葉である[1]。転じて、単身者向けの食品を指す[2]

概要[編集]

個食は「核家族化」やライフスタイルの多様化に伴って、家族そろって生活リズムを共有することが難しくなった結果、家族のあり方や一家団欒といった習慣が失われることを危惧する言葉である[3]。個食は「栄養バランスがとりにくい」「食嗜好が偏りがちになる」「コミュニケーション能力が育ちにくい」「食事のマナーが伝わりにくい」など、食に関する問題点を増加させる環境要因とされる[1]。家庭の持つ家庭教育の場としての機能喪失を問題視する点は、1980年代カギっ子などの社会現象キーワードにも通じる。

個食の背景として、20世紀末から通いやお稽古事などで子供の帰宅が遅くなるといった事情や、女性の社会進出や残業などで親との生活サイクルがかみ合わなくなったりするなどして、家族揃って一緒に食事が出来ないライフスタイルが生まれたことが挙げられる[4]。その結果として、特に子供が自らの食欲や嗜好の赴くまま、ファーストフードインスタント食品を摂取することが可能となり、個食が大きな社会問題として注目されるようになった[4]

本来、家族や友だちなどと一緒の食卓においては、子どもの心身の成長・発達の変化を日々観察することが可能であり、その変化に合致した食事内容にしたり、食材や食文化のことを話したり、食事のマナーを教えたりすることが、毎日の食卓で自然にでき、これが「食を営む力」の基礎を培うことにつながるとされる[1]。また、食を通じたコミュニケーションは、食の楽しさを実感させ、心の豊かさをもたらすことにもつながることから、厚生労働省は個食を避けることを推奨している[1]

また、食事を家族一同で取る行為や一家団欒は、家族間のコミュニケーションの場としても機能していた[5]。そういった経験を経ずに育った子供は人間性を欠くのではないかという危惧も、教育・社会学方面などから挙がっている[6][7]。それに対して、そもそもの「食卓での団欒」像を疑問視する意見[8]や、大人と子どもで必要な栄養素の量が異なる上、好みにも差があることから、本人に合った別の食事を用意するのは合理的であるとする意見[9]がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 厚生労働省 『保育所における食事の提供ガイドライン』、2012年3月https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/shokujiguide1_1.pdf 
  2. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年7月30日). “キッコーマン食品 個食化、調理の時短化ニーズに対応” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月10日閲覧。
  3. ^ みんなと楽しく食べること:農林水産省”. www.maff.go.jp. 2020年5月10日閲覧。
  4. ^ a b 財団法人ハイライフ研究所 『食ライフスタイルの変化のこれまでとこれから』、2003年https://www.hilife.or.jp/pdf/20023.pdf 
  5. ^ 井上忠司「食卓生活史の調査と分析 : 食卓生活史の量的分析」 25-Dec-1991 国立民族学博物館研究報告別冊
  6. ^ 内閣府「平成23年版食育白書」P49-50
  7. ^ 大崎百紀 (20190627T113000+0900). “「“ぼっち食”はつまらない」 6つの「こ食」のゆがみとは? 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2020年5月10日閲覧。
  8. ^ 表真美「家庭科が教えてきた「食卓での家族団らん」 : 戦後教科書から」 2006年1月31日 京都女子大学発達教育学部
  9. ^ 広報誌「コープみらい」2019年2月号”. mirai.coopnet.or.jp. 2020年5月10日閲覧。

関連項目[編集]