倒壊する巨塔 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倒壊する巨塔 The Looming Tower
ジャンル
  • ドラマ
原作 ローレンス・ライト
倒壊する巨塔
原案
出演者
作曲 Will Bates
国・地域 アメリカ合衆国
言語 英語
話数 10(各話リスト)
各話の長さ 46–51 minutes
製作
製作総指揮
  • ダン・フッターマン
  • アレックス・ギブニー
  • ローレンス・ライト
  • Craig Zisk
  • Adam Rapp
プロデューサー
  • Ali Soufan
  • Peter Feldman
  • Lauren Whitney
撮影監督
  • Jim Denault
  • Frederick Elmes
  • Ivan Strasburg
編集
  • Daniel A. Valverde
  • Meg Reticker
  • Joe Hobeck
製作
  • Wolf Moon Productions
  • South Slope Pictures
  • Jigsaw Productions
  • Legendary Television
放送
放送チャンネル Hulu
放送期間 2018年2月28日 (2018-02-28) - 2018年4月18日 (2018-4-18)
Official website
公式ウェブサイト2

倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道』はローレンス・ライトによる小説『倒壊する巨塔』に基づくテレビドラマ・ミニシリーズであり、2018年2月28日にHuluで公開された。10話からなるシリーズは、ダン・フッターマンアレックス・ギブニー、そしてライトらが創作および製作総指揮を担当した。フッターマンはショーランナーを務め、ギブニーは第一話の監督も務めた。

概要[編集]

本シリーズは、1990年代末の迫りくるウサーマ・ビン・ラーディンアルカーイダの危険と、FBICIAのライバル関係が2001年のアメリカ同時多発テロ事件を意図せず招いてしまう過程を描く[1]。実在の人物に、実在の人物をモデルとした架空の人物を加え、ドラマにニュースフィルムを交えた構成となっている。

Huluオリジナル作品として製作・公開され、日本ではAmazonビデオで独占配信された。

キャスト[編集]

メイン[編集]

  • ジェフ・ダニエルズ:ジョン・P・オニール:ニューヨーク支局のI-49 対テロ部門長。アメリカがテロの危険にさらされていると確信しているが、CIAなど他の政府機関から敵視される。
  • タハール・ラヒム:アリ・スーファン:イスラム教徒でレバノン系アメリカ人の新任FBI局員。オニールの部下。
  • レン・シュミット英語版:ダイアン・マーシュ: シュミットの部下のCIA局員。上司と同じく、CIAだけがテロリストと戦う能力を持っていると信じ、情報をFBIから隠し続ける。
  • ビル・キャンプ英語版:ロバート・チェズニー: FBI対テロ部門のベテラン局員。
  • Louis Cancelmi : ヴィンス・ステュアート: CIAアレック支局に派遣されたFBI局員。FBIがCIAと同じ情報を受け取るよう努める。
  • Virginia Kull: キャシー・ショーネッシー: FBI対テロ部門局員
  • Ella Rae Peck:ヘザー: スーファンの恋人で教師。
  • Sullivan Jones : フロイド・ベネット : FBI対テロ部門局員。
  • マイケル・スタールバーグ:リチャード・クラーク: アメリカ国家安全保障会議の対テロリズムアドバイザー。
  • ピーター・サースガード: マーティン・シュミット: CIAの対テロリズム部門内のビン・ラディーンを担当するアレック支局長。CIA以外にテロリストと戦える組織はないと信じ、FBIから情報を隠してオニールと対立する。

リカーリング[編集]

あらすじ[編集]

1998年のアルカーイダによるアメリカ大使館襲撃事件から2001年のアメリカ同時多発テロ事件に至るまでのCIAとFBIそれぞれの調査、相互不信、CIAによる情報隠匿が、2004年の公聴会での証言を交えて描かれる。

タンザニアとケニアの大使館が爆破された事件を受け、FBIの対テロ部門I-49の部門長のオニールは、イスラム教徒でアラビア語に堪能な新任のスーファンを頼りにして捜査を進める。CIAのアレック支局長のシュミットは、FBIによる干渉は害であると信じて情報を隠匿し、度重なる報復爆撃を主張して左遷される。後を継いだマーシュもシュミットの方針を順守する。やがてイエメンでアメリカ軍艦が爆破される事件が起き、FBIはアルカーイダの関与について疑いを深める。私生活の乱れからオニールは失策を犯して辞任を迫られ、世界貿易センタービルに勤め始める。アルカーイダがアメリカの飛行学校に人員を送り込んでいることがわかるが、依然としてCIAはFBIに非協力を貫く。2001年9月11日に複数の航空機による同時多発テロが起き、オニールは死ぬ。ここに至ってCIAは初めて隠匿していた情報をFBIに渡し、シュミットは元の地位に呼び戻される。2004年の公聴会でも、CIA関係者やライス補佐官は証言をはぐらかし責任を認めない。

エピソード[編集]

通算
話数
タイトル監督脚本放送日
1"始まり"
"Now it Begins..."
アレックス・ギブニーダン・フッターマン, アレックス・ギブニー, ローレンス・ライト2018年2月28日 (2018-02-28)
1998年、新任のイスラム教徒のFBI捜査官のアリ・スーファンはジョン・オニールの対テロ部門I-49に所属される。FBIがCIAから情報を得るよう苦心する中、ケニアとタンザニアのアメリカ大使館で爆発が起きる。
2"我が宗教の喪失"
"Losing My Religion"
ジョン・ダールダン・フッターマン, アレックス・ギブニー, ローレンス・ライト2018年2月28日 (2018-02-28)
同時爆破事件の後、FBIはアフリカで捜査を進め、CIAは反撃計画を練る。
3"犯された過ち"
"Mistakes Were Made"
ジョン・ダールBash Doran2018年2月28日 (2018-02-28)
FBIのショーネッシーとベネットはケニア大使館爆破事件を自供する男を捕まえる。オニールとスーファンは、ロンドンで二人目の容疑者の家を捜索するが、証拠不十分で逮捕できない。スチュアートは十分な情報をCIAから得られない。シュミットは、スーダンとアフガニスタンのアルカーイダの基地を報復として爆撃するよう大統領を説得する。
4"水銀"
"Mercury"
Ali SelimAdam Rapp2018年3月7日 (2018-03-07)
FBIは容疑者の電話番号を入手するがその調査はCIAに横取りされ、CIAはクアラルンプールでのアルカーイダのサミットのことを知るがFBIには秘密にする。シュミットはさらなる爆撃を主張して上司と衝突し左遷される。後任のマーシュはシュミットに情報を流し続ける。
5"2000年問題"
"Y2K"
Ali SelimShannon Houston2018年3月14日 (2018-03-14)
1999年暮れ、スーファンはアルカーイダがニューヨークで資金を集めていることを知る。FBIは2000年問題と同期したテロ攻撃を警戒するが無事に年は明ける。
6"戦場の少年"
"Boys at War"
Michael Slovisダン・フッターマン2018年3月21日 (2018-03-21)
アフガニスタンで、アイマン・ザワーヒリーモハメド・アタにアメリカ国内でのハイジャックを計画させる。アフガニスタンでのアメリカ軍の攻撃で家族を失った少年をイエメンに送り、米艦コール襲撃事件を起こす。オニールはブリーフケースを盗まれて新任の上司サンチェスに報告する。
7"将軍"
"The General"
Michael SlovisAli Selim2018年3月28日 (2018-03-28)
オニールとスーファンは事件調査のためイエメンに行き、クアラルンプールでのサミットに関係した人物の関与を知る。だがマーシュは彼に関する情報をFBIから隠す。大使と衝突したオニールはアメリカに呼び戻される。
8"特別な関係"
"A Very Special Relationship"
Craig ZiskBash Doran2018年4月4日 (2018-04-04)
アルカーイダはアメリカ国内でパイロットの訓練を受ける。スーファンは一時アメリカに戻り、恋人のヘザーに会う。マーシュは部下の異論を排してFBIへの情報提供を渋り続ける。オニールはイエメンへの再入国を大使に拒否され、ブリーフケースの盗難事件が新聞の記事になる前に辞任を迫られる。新任のブッシュ大統領の国家安全保障問題担当大統領補佐官となったコンドリーザ・ライスは具体性のないテロの脅威の話には関心を示さず、CIA長官のテネットも危険を強調しようとしない。
9"火曜日"
"Tuesday"
Craig ZiskAdam Rapp2018年4月11日 (2018-04-11)
オニールは世界貿易センターの保安主任になる。航空学校で学びながら着陸に興味を持たないアラブ人がいると連絡を受けたサンチェスは、アメリカの航空学校にいるアラブ人のリストをCIAに要求する。マーシュは要請に応じるが、その中にアルカーイダが2人いることを分かりにくくする。アタは仲間とともに、ラスベガスで人生最後の享楽に興じる。多くのアルカーイダ実行犯たちが飛行機のチケットを受け取る。スーファンはイエメンに戻って捜査を再開する。
10"9.11"
"9/11"
Craig ZiskDan Futterman & Ali Selim2018年4月18日 (2018-04-18)
2001年9月11日、航空機による同時多発テロが発生し、オニールは連絡が取れずやがて死亡が確認される。シュミットは元のアレック支局に呼び戻される。イエメンのCIA支局はようやく情報を渡し、スーファンは拘束されていたアルカーイダメンバーを尋問してテロがアルカーイダによるものであることを確認する。事件後の公聴会で、マーシュは責任を隠すために偽証する。


出典[編集]

  1. ^ Hulu Sets Premiere Dates For ‘Handmaid’s Tale’, ‘The Path’ & Two New Series”. Deadline (2017年11月14日). 2017年12月18日閲覧。