倪福徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
倪 福德
Ni Fu-Te
富邦ガーディアンズ #36
Fu-Te Ni 2010.jpg
デトロイト・タイガース時代
(2010年)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 屏東県
生年月日 (1982-11-14) 1982年11月14日(37歳)
身長
体重
182 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 ドラフト1位
初出場 CPBL / 2007年3月18日
MLB / 2009年6月29日
年俸 月給43万台湾元(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
五輪 2008年
WBC 2009年2017年
プレミア12 2015年
倪 福德
各種表記
繁体字 倪 福德
拼音 Ní Fúdé
注音符号 ㄋㄧˊㄈㄨˊㄉㄜˊ
和名表記: げい ふくとく
発音転記: ニー・フーデェ
英語名 Ni Fu-Te
テンプレートを表示

倪 福德(ニー・フーデェ、1982年11月14日 - )は、台湾中華民国)の屏東県出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。

経歴[編集]

嘉義大学から、2007年中華職業棒球大聯盟中信ホエールズにドラフト指名され入団。

2008年、最多奪三振のタイトルを獲得。

2009年1月13日デトロイト・タイガースとキャンプ招待選手としてマイナー契約を結んだ[1]。同年6月28日には、台湾人6人目のメジャー昇格を果たした。

2012年5月にトミー・ジョン手術を受けた。その後、8月7日に放出された。

2013年は前年行った手術のリハビリに費やした。

オフの11月には台湾で開催された「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」のチャイニーズタイペイ代表に選出された[2]。12月13日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。

2014年3月29日に放出され、独立リーグであるアトランティックリーグランカスター・バーンストーマーズと契約。その後、同リーグのカムデン・リバーシャークスへ移籍した。

2015年もカムデンと契約したが、5月31日に退団となる。6月29日に台湾プロ野球のドラフト会議で義大ライノズ(後の富邦ガーディアンズ)の指名を受け、7月18日に契約で入団。

オフの9月30日に第1回WBSCプレミア12のチャイニーズタイペイ代表に選出された[3]

2016年開幕前の1月29日に「侍ジャパン強化試合 日本 vs チャイニーズタイペイ」のチャイニーズタイペイ代表27名に選出されたことが発表された[4]。3月6日の第1戦に、先発登板している[5]

2017年1月23日に、第4回WBCのチャイニーズタイペイ代表メンバーが発表され代表入りした[6]

プレースタイル・人物[編集]

左のサイドスローから投げる最速152km/hの速球とスライダーが持ち味で、2008年には中華職業棒球大聯盟(CPBL)最多奪三振に輝いた。同年の北京オリンピックにも出場している。

ニックネームは「土地公」「ニードフード(NeedFood)」。ガンプラ収集とサバイバルゲームを趣味としている[7]

CPBLを経由しMLBでプレーした初の選手である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 中信 44 14 1 1 1 7 12 4 7 .368 508 122.1 111 15 35 1 6 125 2 1 56 48 3.53 1.20
2008 25 21 3 0 0 5 12 0 0 .294 639 145.1 170 9 32 0 3 132 3 0 71 54 3.34 1.39
2009 DET 36 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 121 31.0 20 3 11 2 1 21 2 0 9 9 2.61 1.00
2010 22 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 116 23.0 27 2 19 4 2 22 2 1 19 17 6.65 2.00
2015 義大
富邦
11 10 0 0 0 4 2 0 1 .667 259 57.1 69 5 19 0 3 45 0 0 34 33 5.18 1.53
2016 43 10 0 0 0 6 6 8 4 .500 420 96.2 112 17 22 0 6 69 2 0 56 52 4.84 1.39
2017 44 3 0 0 0 2 6 6 6 .250 263 57.2 60 10 22 0 7 55 5 0 40 34 5.31 1.42
2018 44 0 0 0 0 1 1 13 9 .500 168 42.0 39 3 7 1 0 47 0 0 14 14 3.00 1.10
2019 9 0 0 0 0 0 0 3 1 ---- 40 9.0 8 1 4 0 0 4 0 0 2 1 1.00 1.33
2020 11 0 0 0 0 0 1 0 5 .000 43 9.2 16 0 0 0 0 5 0 0 5 4 3.72 1.66
CPBL:8年 231 58 4 1 1 25 40 34 33 .385 2340 540.0 585 60 141 2 25 482 12 1 278 240 4.00 1.34
MLB:2年 58 0 0 0 0 0 1 0 4 .000 237 54.0 47 5 30 6 3 43 4 1 28 26 4.33 1.43
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

CPBL

背番号[編集]

  • 36(2007年 - 2008年、2020年 - )
  • 59(2009年 - 2012年)
  • 18(2015年 - 2019年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tigers agree to terms with Taiwanese pitcher”. AP通信. 2009年1月14日閲覧。
  2. ^ 2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ チャイニーズ・タイペイ 選手一覧 野球日本代表 侍ジャパン公式サイト 2015年3月29日閲覧
  3. ^ 2015第一屆世界12強棒球錦標賽 中華隊28人名單正式公布 中華民國棒球協會官方網站 (中国語) (2015年9月30日) 2015年10月9日閲覧
  4. ^ 中職日職對抗賽 代表隊參賽名單出爐 中華職棒大聯盟全球資訊網The Official Site of CPBL (中国語) (2016年1月29日) 2016年2月17日閲覧
  5. ^ 日本通運 presents 侍ジャパン強化試合 チャイニーズ・タイペイvs日本 2016年03月06日(日) 京セラドーム大阪 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年3月6日) 2016年3月6日閲覧
  6. ^ 快訊/經典賽中華隊28人名單 陽岱鋼入列 ETtoday運動雲 (中国語) (2017年1月23日) 2017年1月24日閲覧
  7. ^ 台湾中央放送局 6人目の大リーガー、倪福徳が鮮烈デビュー!

関連項目[編集]