倭館駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
倭館駅
駅舎(2019年撮影)
駅舎(2019年撮影)
왜관
ウェグァン
Waegwan
若木 (6.5km)
(6.2km) 蓮花
所在地 大韓民国の旗慶尚北道漆谷郡倭館邑中央路8道10(倭館里 216-1)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 普通駅
駅等級 2級
所属路線 京釜線
キロ程 296.0km(ソウル起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
2,012人/日(降車客含まず)
-2010年-
乗降人員
-統計年度-
4,192人/日
-2010年-
開業年月日 1905年1月1日
倭館駅
各種表記
ハングル 왜관역 
漢字 倭館驛 
平仮名
(日本語読み仮名)
わかんえき 
片仮名
(現地語読み仮名)
ウェグァンニョク 
英語 Waegwan Station 
テンプレートを表示

倭館駅(ウェグァンえき)は大韓民国慶尚北道漆谷郡倭館邑にある、韓国鉄道公社(KORAIL)京釜線

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅。駅舎と各ホームとは地下連絡通路で結ばれている。

のりば[編集]

1・2 京釜線(上り) 金泉大田天安ソウル方面
3・4 京釜線(下り) 東大邱密陽亀浦釜山方面

利用状況[編集]

2010年度の1日平均乗車人員は2,012人、1日平均乗降人員は4,192人である[1]

駅周辺[編集]

  • 漆谷郡庁 
  • 倭館温泉 
  • 天然記念物第146号倭館錦舞峰木ワラビ化石包含地 
  • 慶北文化財資料第245号ムコンジョンテク 
  • 慶北文化財資料第275号ヘウン古宅 
  • 場真紅記念碑 
  • 漆谷梅園洞古墳 
  • 洛東江 

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

名前の由来である倭館文禄・慶長の役の時に日本軍の兵糧集積所があったことに由来する。

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
京釜線
ITX-セマウル
通過
ムグンファ号
若木駅 - 倭館駅 - 新洞駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 국가교통DB[リンク切れ]

関連項目[編集]