倹飩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

倹飩(けんどん)とは、家具・建築物の構造の一種で、収納部の蓋・扉の開閉手段のひとつ。慳貪とも書く。

基本的な構造は「レールにはめこむもの」であり、上から蓋・扉をはめこむもののことを意味する。うどんやそばの出前に使う箱「岡持ち」などが典型例。書院造地袋の「戸ふすま」も「けんどん」になっていることがある。関連して「やり送り」とか「いってこい」と呼ばれるはめ込み方もあるが、こちらは上下の動きではなく左右の動きとなる。本来、上下は「けんどん」と左右は「いってこい」の違いがあるが「やり送り」はどちらにも使われたり、これらが混同されていることもある。

派生[編集]

出前用の岡持ちのことを、このふたが「けんどん」になっていることから「けんどん箱」とも呼ぶ。 蕎麦屋・うどん屋のことを「けんどん屋」と呼ぶことの由来とする説もあるが、この語源に関しては異説もある(丼鉢の項を参照)。