偏愛の輪舞曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
偏愛の輪舞曲
GRANRODEOシングル
初出アルバム『カルマとラビリンス(#1,#3)』
B面 Y・W・F
桜色第2ボタン
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル Lantis
作詞・作曲 谷山紀章(作詞)
飯塚昌明(作曲)
チャート最高順位
GRANRODEO シングル 年表
DARK SHAME
2012年
偏愛の輪舞曲
(2013年)
The Other self
(2013年)
カルマとラビリンス 収録曲
桜色第2ボタン
(8)
偏愛の輪舞曲
(9)
絶頂ポイズン
(10)
テンプレートを表示

偏愛の輪舞曲」(へんあいのロンド)は、GRANRODEOの楽曲。同グループ19枚目のシングルとして2013年4月17日Lantisから発売された。楽曲は谷山紀章が作詞、飯塚昌明が作曲を手掛けた。

概要[編集]

前作「DARK SHAME」から約5ヶ月ぶりのリリースとなるシングル。

本曲は、テレビアニメ『カーニヴァル』のオープニングテーマに起用された。そのためe-ZUKAは、第1話を鑑賞した上でスタッフの意見も取り入れつつ「カーニヴァル」と「サーカス」をテーマとして制作することを決めたという[9]。曲調は、作中にサーカス的な雰囲気が含まれることもあり、ヨーロッパ足踏みオルガンのような音色が取り入れられている。歌詞はKISHOWが「輪舞曲」から連想して書き上げたという。曲の途中には転調したり、それを思わせる部分があるなど今までのGRANRODEOの楽曲には見られない試みをしている。そのためKISHOWはレコーディングではBメロを歌うのに苦労したという[10]

シングルは初回限定盤(LACM-34066)と通常盤(LACM-14066)の2種リリースで、初回限定盤には本曲のPVを収録したDVDが同梱されている。

シングルの2曲目「Y・W・F」は、「良い子」、「悪い子」、「普通の子」を略した遊び要素のある楽曲。3曲目「桜色第2ボタン」は、春をテーマとした前向きな曲で、「みんなで合唱できる」ことを意図して書かれた[10]

収録曲[編集]

CDシングル[1]
全作詞: 谷山紀章。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「偏愛の輪舞曲」 谷山紀章 飯塚昌明
2. 「Y・W・F」 谷山紀章 飯塚昌明
3. 「桜色第2ボタン」 谷山紀章 飯塚昌明
4. 「偏愛の輪舞曲(OFF VOCAL)」 谷山紀章 飯塚昌明  
5. 「Y・W・F(OFF VOCAL)」 谷山紀章 飯塚昌明  
6. 「桜色第2ボタン(OFF VOCAL)」 谷山紀章 飯塚昌明  
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「偏愛の輪舞曲」(MUSIC CLIP)    

出典[編集]

  1. ^ a b 偏愛の輪舞曲 [CD+DVD]<初回限定盤>”. タワーレコード. 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ a b 偏愛の輪舞曲(初回限定盤)”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年5月10日閲覧。
  3. ^ you大樹”. オリコン (2013年5月9日). 2013年5月10日閲覧。
  4. ^ Hot 100 2013/04/29 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2013年2月6日). 2013年5月10日閲覧。
  5. ^ Billboard JAPAN Hot Singles 2013/04/29 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2013年4月24日). 2013年5月10日閲覧。
  6. ^ Billboard JAPAN Hot Singles 2013/04/29 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2013年4月24日). 2013年12月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月10日閲覧。
  7. ^ Billboard JAPAN Hot Animation 2013/04/29 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2013年4月24日). 2013年5月10日閲覧。
  8. ^ 週間 CDソフト TOP20 シングル ランキング TOP20 2013年4月15日 - 2013年4月21日 調査分”. サウンドスキャン (2013年4月24日). 2013年5月10日閲覧。
  9. ^ GRANRODEO (2013年4月). 歌詞でならあふれる愛の言葉、音楽に偏愛してる!. (インタビュー). okmusic UP's.. http://okmusic.jp/#!/ups/interviews/1756 2012年5月10日閲覧。 
  10. ^ a b 「常に進化していくGRANRODEO 新しさの中にノスタルジーが共存」、『声優アニメディア』2013年5月号、学研パブリッシング2013年4月10日、 64頁。