偏食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

偏食(へんしょく)とは、必要とする栄養素に偏りがある食事の状態である[1]

日本語の「偏食」は栄養学の創始者である佐伯矩による造語であるとされる[2]

1日単位で見ると必要な栄養素の量を満たしても1食単位で見ると1日分の等分ではない場合も偏食であり、理想的な食事ではないとされる[3]。 等分された場合は、完全食と呼ばれる[3]

アスリートなどで著名な偏食者も多く、「偏食、イコール悪ではない」とする説もある[4][5][6]

また、モンゴル人[7]イヌイット[8]パプアニューギニア高地人[9]のように、偏食の民族も存在する[7][8][9]

影響[編集]

幼い頃からフライドポテトや白パンばかり食べ続けてきた10代の少年が失明したという症例を、ブリストル大学の研究チームが発表した[10]

著名な偏食者[編集]

アメリカ投資家。まるで「6歳の子供」の食習慣であることを自他ともに認めている[11]。大好物は、チェリーコークジャンクフード、ピーナッツ・ブリトルなどで、はなはだ偏っている[11]
アメリカの実業家アメリカ合衆国大統領。一日中飲み続けるほどの、ダイエットコーラのファン[12]ファストフードが大好物で、選挙活動中の食事は、ドミノ・ピザケンタッキーフライドチキンマクドナルドビッグマックが定番であったという[12]。また、飛行機で移動中に摂る軽食はもっぱらジャンクフードで、ポテトチップスやクリームサンド・クッキーを口にしているという[12]
アメリカの実業家。大のハンバーガー好きで[13]、かつ、人工肉の一種である「ビヨンドミート」の技術支援者[13]
  • ジョージャ・リードマン (Georgi Readman | 1995? - )
一般のイギリス人少女であるが、5歳の頃から選択的摂食障害 (SED) を患い、それ以来、袋麺タイプで具無しのインスタントラーメン(1銘柄)以外をほとんど口にしないという極端すぎる偏食を18歳まで続けた[14][15]。彼女は野菜嫌い果物嫌いであった[14][15]。彼女は極度の栄養失調に陥っており、その肉体年齢は実年齢の18歳を大きく上回る80歳以上と小児科医師に診断された[14][15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 佐伯矩 1926 [要ページ番号]
  2. ^ 柳井 & 松井 (2006), p. 77.
  3. ^ a b 佐伯芳子 (1964), pp. 194-195.
  4. ^ 女性セブン』2013年11月28日号 (2013年11月18日). “チョコ食べ野菜食べなかった内村航平が活躍の理由を医師解説”. NEWSポストセブン. 小学館. 2021年3月27日閲覧。
  5. ^ 梓川みいな「偏食と発達障害の関係性とは 「図表でわかる発達障害」が分かりやすく納得」『おたくま経済新聞』シー・エス・ティー・エンターテインメント株式会社、2020年1月18日。2021年3月27日閲覧。
  6. ^ 山口健太(一般社団法人 日本会食恐怖症克服支援協会 代表理事)「子どもの「偏食」は“わがまま”ではない 見た目や食感などが原因に(オトナンサー) 子どもの「偏食」に頭を悩ませている親は…」『オトナンサー』株式会社メディア・ヴァーグ、2020年2月29日。2021年3月18日閲覧。
  7. ^ a b 中川明紀 (2013年9月11日). “p. 4 < 第8回 冬を乗り切るモンゴルのパワー食”. ナショナルジオグラフィック (日経ナショナルジオグラフィック社). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20130911/364875/?P=4 2021年3月27日閲覧。 
  8. ^ a b 偏食はいけないこと?”. 健康Style. カウンセリングストリート株式会社. 2021年3月27日閲覧。
  9. ^ a b 深川宏樹(文化人類学者。国立民族学博物館 先端人類科学研究部 機関研究員。) (2017年3月1日刊行). “サツマイモの贅沢~パプアニューギニア~”. 旧ホームページ資料. 国立民族学博物館 (NME). 2021年3月27日閲覧。
  10. ^ 食事はフライドポテトやパンばかり、極端な偏食の10代少年が失明 英報告」『CNN.co.jp』CNN、2019年9月4日。2021年3月25日閲覧。
  11. ^ a b Bryan, Bob「1日にコーラ5本? バフェットのユニークな食習慣に学ぶ「賢人」の投資戦略」『BUSINESS INSIDER JAPAN』Tomoko A.訳、株式会社メディアジーン、2017年10月27日。2021年3月27日閲覧。
  12. ^ a b c Loria, Kevin「ファストフード大好き! トランプ大統領の驚くべき生活習慣」『BUSINESS INSIDER JAPAN』小池祐里佳 訳、株式会社メディアジーン、2017年2月8日。2021年3月27日閲覧。
  13. ^ a b ビルゲイツ氏の資産は睡眠と食が基礎だった?”. 一日一食!うたた寝仙人の三時間睡眠記. うたた寝仙人(私人0) (2017年6月29日作成、2020年4月21日更新). 2021年3月27日閲覧。
  14. ^ a b c Miller, Tracy (2013年4月10日). “My strange ramen addiction: Teen eats almost nothing but noodles for 13 years” (English). The Daily News (New York Daily News) (Tribune Publishing). https://www.nydailynews.com/life-style/health/teen-eats-ramen-noodles-13-years-article-1.1312782 2021年3月25日閲覧。 
  15. ^ a b c Lehman, Megan (2013年6月13日). “Death by Ramen, Is it Possible?” (English). Uloop. Uloop Inc.. 2021年3月25日閲覧。

参考文献[編集]

辞事典
書籍、ムック
  • 佐伯矩『栄養』栄養社、1926年。
  • 佐伯芳子『スピード栄養料理―ひとり暮らしのあなたのために』実業之日本社、1964年1月1日。ASIN B000JADNY6
  • 柳井一男、松井貞子『新佐伯式フードガイド バランスの良い食事の摂り方がすぐわかる 新時代の食育と健康管理のために』フットワーク出版〈バランスの良い食事の摂り方がすぐわかる〉、2006年5月22日。ISBN 4-87689-546-5、ISBN 978-4-87689-546-5、OCLC 939449092

関連項目[編集]