健和会大手町病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 健和会大手町病院
Kenwakai Otemachi Hospital.JPG
情報
英語名称 Kenwakai Otemachi Hospital
標榜診療科 内科、神経内科、精神科、小児科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、救急科
許可病床数

499床


一般病床:499床(ICU:6床、HCU:15床、地域包括ケア病棟:54床
機能評価 一般500床未満:Ver6.0
開設者 公益財団法人健和会
管理者 西中徳治(理事長)
吉野興一郎(院長)
所在地
803-8543
位置 北緯33度52分33.8秒
東経130度52分17秒
二次医療圏 北九州
PJ 医療機関
テンプレートを表示

健和会大手町病院(けんわかいおおてまちびょういん)は、公益財団法人健和会福岡県北九州市小倉北区大手町で運営する医療機関。本部や看護学校などを併設する、健和会のセンター病院である。

概要[編集]

健和会グループの中核病院として、救急医療体制の一翼を担っており、開院以来救急車受け入れ台数は市内トップである。また福岡県災害拠点病院に指定されている。

この病院建設は1984年の開院当時では過大な投資であり、結果として1985年2月に健和会は不渡りを1度出すこととなった。その後は加盟組織の民医連による支援を受けながら経営再建を進め、現在は債務超過は解消され正常に経営が行われている[1]。また、老朽化した健和会おさゆきリハビリテーション病院に代わる施設として2012年11月1日に近接地に「大手町リハビリテーション病院」が開院した。これに伴って健和会大手町病院の回復期リハビリテーション病棟は新病院に移された。

敷地は小倉陸軍造兵廠跡の一部である。

沿革[編集]

保険指定施設[編集]

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 指定養育医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 地域医療支援病院
  • 災害拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • DPC対象病院
  • 無料低額診療事業実施医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 病院群輪番制参加医療機関

診療科等[編集]

認定専門医人数[編集]

交通アクセス[編集]

  • 西鉄バス「大手町」下車 徒歩約1分
  • 西鉄バス「木町二丁目」下車 徒歩約5分

関連医療機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]